バリスタの考える「これが居心地のいいカフェ」。自分好みのカフェってどんなカフェ?

こんにちは!スターバックス大好きの学生バリスタKAZUです。

 

やっぱりカフェっていいですよね〜

なんてったっておしゃれな空間で美味しいコーヒーを飲みながら本読んだりMacBookでカタカタやっているだけで人生楽しく感じちゃうのですから。

 

僕も早くカフェを開きたいー!!!

 

 

そんな僕はいろんなカフェによく行くのですが、

居心地

ってめちゃくちゃ大事な要素だと思っています。

 

 

まるで家にいるかのような空間

まるで南国にいるかのような空間

まるでアメリカ西海岸のカフェにいるかのような空間…

 

居心地のいいカフェに行った日には、そこに8時間とか余裕で居座れる迷惑な客になれますからね。

 

そんなカフェ開きたい、迷惑な客にもなってしますバリスタの僕が考える、居心地のいいカフェについて書いていこうと思います。

 

ちなみに居心地のいいカフェは、ダントツでスタバだと思っています。

 

それでは!細かく見ていきましょう!!!

 

居心地の良いカフェその1 内装

カフェにおいて、外観なんてあまり重要ではありません。だって中でコーヒー飲みますから。

むしろ、外観はそのカフェの第一印象になりますので、ギャップを狙う、もしくは印象を与えると言う意味で、こだわっていればあとはなんでも構わないと思いますw

そして、カフェは「空間」なので、内装が大事な要素!!めっちゃ大事!!

 

でも、内装は好みが分かれますw

 

いくつか紹介しましょう。

 

北欧系

北欧系といえば、ウッディー感です。木のぬくもりが感じられる内装になっています。どっちかというと濃ゆい色の木ですね。

 

木のぬくもりが、ゆったりとした空間を演出…

 

長時間居たくなるようなカフェですね!!

インテリアとしておいてある陶器もすごくおしゃれです。

 

 

アメリカ西海岸系

大好きすぎるブルーボトル。ブルーボトルとコラボしてバリスタの仕事できたら死んでも後悔ない。

(ブルーボトルのバリスタさん、見てますかー?僕はブルーボトルのバリスタに憧れてバリスタになってますよー!)

 

 

ブルーボトルは発祥がアメリカ西海岸でありますが、他のカフェにはない要素がたくさんあります。

 

例えば、カウンターの高さが低い。

これは、バーカウンター内のバリスタのやっていることを「見える化」させているので、清潔感あるように感じさせます。

全て一目瞭然。

ステンレスと白のカウンターが清潔感を演出しています。

 

 

こういったカフェは空間としてとても気持ち良い。

洗練された、上質でおしゃれな空間でのデートは恋人も大満足で間違いないです!!

 

 

 

日本の古民家系

古民家、嫌いな人はいないのでは?

 

昔を思い出してくれる空間は、まるでおばあちゃんの家にいるかのように心が安らぐ…

扇風機に畳。電球は豆電球と、今ではあまり見られなくなったこの「和」の空間に惹かれずにはいられない。

 

このカフェも、壁が昔ながらの材質。ザラザラした壁紙に、屋根を支える大黒柱。コンクリートの家が多い現代では全く見られなくなりました。

 

むき出しの屋根。今、上を見上げて見てください。おそらく平べったいコンクリート状の壁になっていると思います。それが現代。

 

 

こんなカフェは座り心地さえ良ければずっと居れる。僕は椅子に座らないと疲れるタイプですのでw

床に座るにも、たまに寝っ転がりたくなりますが、あくまで「カフェ」なので難しいですねw

 

 

しかし、こういった古民家タイプのカフェが一番居心地がいいのではないでしょうか?

 

 

日本の喫茶店風

僕的に肩身が狭くなるタイプのカフェです。

タバコも吸わないですし、新聞や雑誌を読んだり友達と一緒にいるわけでもないのでw

 

 

僕は最先端を象徴するアメリカ西海岸風のカフェが大好きなので、こういった昔ながらの空間が少し苦手ですw

 

しかし、打ち合わせにはもってこい。僕が居た時には他のお客さん、打ち合わせばっかりしていました。

 

薄暗い空間なので、あまり外が気にならないのがいいところ。お互いの話に夢中になれます。

 

 

薄暗い空間だからこそそんなところでパソコンはカタカタできませんねw

 

スターバックス系

スターバックスはサードプレイスの代表例です。

サードプレイスとは、自宅、職場以外に過ごす時間が長い、自分の居場所のことを指す。スタバが僕の居場所である。

出典:僕

 

やっぱりスターバックス。空間といえばスターバックス。

サードプレイス系のカフェは、基本的に空間が広い。例えば天井までの高さがあったり、テーブルとテーブルの間が広かったり。

あとは、照明はすごくこだわっているんだろうなって思います。

薄暗い空間は一人で作業に没頭する空間としてオススメ。このスターバックスもだいぶ暗いですね。それでいて、手元は明るい。

 

「こんにちは。」

と、勉強していて聞こえる落ち着いた声が聞こえるのもとてもいい。

 

スターバックスはついつい居ついちゃいますよね。

 

 

Nature系カフェ

最近、観葉植物だったりテーブルや椅子に木の素材を使ったりと、

自然

を大事にしているカフェをよく見ます。

 

写真のカフェは、もはや植物園みたいになっていますがそこがまた僕を惹きつけます。

 

ほかには、

こんな感じ。花が置いてあって、テーブルや椅子は全て木。

 

カフェの中にいるのになぜか自然との距離が近い。そんな落ち着く空間。

 

 

 

異空間系

なんの写真?と思ったでしょう。

ここ、カフェなんです。

もう完全に異空間なわけです。

カフェなのにいろんなものを置いている。

あれですね、物に囲まれると落ち着く空間ですね。ボールプールみたいな。

ボールいっぱいあるのになぜか落ち着くみたいな。

 

 

まとめ

カフェにはいろんな種類の内装があるから、自分にあった内装のカフェを見つけるのが一番です!!

 

 

居心地のいいカフェその2 空調

これ、僕的にすごく大事です。めちゃくちゃ大事です。

 

空調管理はしっかりしてください。めちゃくちゃ大事です!

 

大事なことなので、二回言いました。本当に大事です。

 

蒸し暑い空間に1時間もずっと居たいですか?

寒い空間にずっと1時間も居たいですか?

 

居たくないはず。むしろ、逃げたくなる。

 

空調がいいカフェに人は自然と居ついてしまいます。

代表例はスタバ。スタバの空調管理は完璧。

暑くもなく、涼しくもない。むしむししているわけでもない。

 

空調がめちゃくちゃ大事だと言う話でした。

 

 

まとめ

空調管理が下手なカフェには居たくない。

 

 

居心地のいいカフェその3 椅子

やはり座るところは大事です。

ずっと座っていても嫌にならない椅子がいいですよね。

いくつか見て行きます。

 

ソファ

ソファはヨーロッパ由来の椅子。

くつろげるように作られたものですから、くつろげること間違いなし!

 

ソファにくつろぎながら本を読んだりテレビを見たり映画を見たりするのもいいですね!

 

椅子。普通の椅子

だいたいどこのカフェにもあるのがこういった普通の椅子。

学校にあるような椅子等よりかは、少しおしゃれに見える椅子。長時間座るとお尻が痛くなる椅子ですね。

 

でも、やっぱりこういったスタンダードの椅子が長時間座れる椅子ですね。スタバもこういった椅子多いです。

ダイニングテーブルぐらいの高さに机がある時の方が勉強やパソコンカタカタには向いています。

 

 

バーチェア

カウンター席のあるカフェにはありがちな椅子です。

ちょっと骨盤が鍛えられるような椅子ですね。動かしやすいので、隣にいる女性に近づきやすくなっております。夜のバーで使われがちなやつです。

 

これは長時間に向いてませんwむしろ、立ちやすいように作られているんじゃないか説。

 

 

アームソファ

手を置けるような椅子。なかなかカフェでは見ないようなタイプの椅子です。

これは机との相性が微妙な椅子ですねw

机に手を置かなくても椅子におけるのでモーマンタイです。

 

 

まとめ

普通の椅子が一番居心地がいい。

ソファはそのまま横になりたくなるし、バーチェアは女の子持ち帰りたくなるし、アームチェアはあんまりカフェにない。

とはいえ、完全に僕の主観ですのでご自身でカフェに行ってお気に入りの椅子を見つけてください。

 

 

居心地のいいカフェその4 その他の要素

そのほかにもいろんなカフェは居心地がいいようにいろんな工夫をしています。

 

僕が考える居心地のいいカフェについていくつかみていきましょう。

 

禁煙

これは最近のサードウェーブコーヒーのようなカフェだと鉄則ですね。コーヒーの香りを台無しにしてしまうタバコはタブーになりつつあります。

 

音楽

カフェでこう言う音楽流れて居たら嫌ですよね。

 

 

 

フェス会場かよ。

 

 

ってなることまちがいなし。むしろ、ノリノリになって外に出たくなりますね。

 

落ち着いて、ストレスフリーな音楽で済ませたいですよね。

 

 

Wi-Fi

これ、大事ですよね〜

もはやWi-Fiなしでは生きていけません。

今この記事を読んでいるあなたもWi-Fiに繋げていますよね?

 

強いWi-Fiを使っているカフェが、やっぱりストレスなく長時間居れますよね。

 

 

まとめ

居心地のいいカフェには共通点があると思っています。

 

それは

ストレスフリー

だということ。

 

内装は自分好み。

空調は完璧。暑くも寒くもない。

椅子は座り心地最高。

タバコの匂いなんてしない。コーヒーの匂いだけ。

音楽は落ち着いた音楽。

Wi-Fiは途切れることなく機能してくれる。

 

 

なるほどなるほど。

こうやって考えると、将来自分でカフェを持った時にこれらを意識すれば居心地のいいカフェできますね。

 

 

以上!バリスタが考える居心地のいいカフェでした〜。

自分好みのカフェを見つける指針になれば幸いです(^^)

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

学生バリスタKAZU

明治大学特待生で大学生になるも人生に迷い、スタバとブルーボトルのバリスタに憧れただけでバリスタになった現役大学生。2月にクラウドファンディングを行い、3、4月に日本全国を周りながらコーヒーを淹れる。現在は大学を休学し、バリスタ活動を行いながらフリーランスを目指す。 •https://kazuyoshicoffee.com/barista-profile/