会計士の勉強を始めて3日目

会計士の勉強を始めて3日が終わりました。

そいえば会計士の試験について、親には「受けたい」とは言ったけれど何も話さずに勝手に専門学校通ってますwww

とりあえず今日やった勉強内容と実感を書き残します。(もはや完全な日記w)

大学受験での経験が大きくて、それを生かして8ヶ月後には合格しているはずの予定で進めているので、未来の会計士を目指す誰かの参考になれば嬉しいな。

 

 

財務会計論は順調

一応独学で簿記2級と1級の途中までは済ませていたのもあって財務会計論はスイスイ進みます。与えられたカリキュラムの20%は終えました。

会計士試験の問題はなかなか解きごたえがあって面白いです。というのも問いに対しての答えの範囲が広いので、「緻密さ」というものが問われている感覚です。「どういう仕訳が必要か」をしっかり把握しないと解けないですね。

問いのイメージとしては「財務諸表を作りなさい」みたいな感じ。仕訳できるのが前提みたいなところがあるから答えにたどり着くまでが遠い印象ですね。

 

3日間でやった財務会計論の内容は

  • 現金預金
  • 有形固定資産
  • 無形固定資産
  • 引当金
  • 商品売買
  • 本支店会計

です。答練を2つ解きましたが、デキはまあまあ。とはいえテキストレベルの答練なので9割は超えたい…(ケアレスミスしがちなのでそこは直したい。ケアレスミスした時一番自分がムカつくw)

 

本支店会計の「内部取引の相殺」「未実現利益の消去」はきちんと説明されてたからわかりやすかった。

本支店会計は独学の時はあんまりやっていないけれど、

「繰延内部利益控除=期末繰越資産のマイナス=利益のマイナス」

という考え方と

「繰延内部利益戻入=期首商品資産のマイナス=利益のプラス」

という考えさえわかっていたら大丈夫そう

 

 

管理会計論

今日初めて管理会計論のところを勉強してみました。管理会計論は、原価計算の部分と管理会計の部分に分かれていて、いわゆる「工業簿記」の範囲が含まれています。

材料副費の考えはちょっと面倒。というか、今日やった部分その材料副費の考えや予定受入価格の考えがどう活きてくるか全くわかんない。まるで僕の人生みたいに、なんで今会計士の勉強をしているのかわからないけれど後々理由がわかってくる、みたいな感じだね。

 

暗記が多そうで面白くなかったのが本音。それほど重要そうでもなさそうなのに細かいのが嫌だったw

 

 

明日はバイトがあるから管理会計の授業1つと財務会計論の問題集習ったところまでの復習やっておこう。復習相当大事だと思います。