僕が「学生」だということ

 

今回は、コーヒーとは関係ないのですが、

ここ最近僕が感じていること、

思っていることを書きます。

 

「僕は学生だった、、、」

青二才・学生の思い上がり

img_1428

今、大学2年生になって

大人として生きていく局面が近づいていることに焦りを感じ始めました。

 

だから、やりたいことが見えた瞬間、

僕は最速で動き始めました。

 

「一人の、自立した人として、やってやろう」

なんて思い上がって、いろんなことを始めました。

 

ノマドコーヒースタンドKAZUを始めた時も、

img_1459

「学生やけど、まがいなりにもすでに成人した男。絶対一人でやりきってやるぞ。」

 

なんて思い上がっていました。

 

やる気満々。

でも、ノマドコーヒースタンドKAZUは、法律の問題でほとんど何もできないまま終わっちゃいました。

衝撃。コーヒーの行商は法律で認められていない

 

 

路頭に迷う無力の学生バリスタ

ノマドコーヒースタンドKAZUができなくなった瞬間、

僕のやっていることは続けることができなくなりました。

 

この瞬間、まるで地図をなくした冒険家のように、

何を頼りに、目印にして、どこに進めばいいのか、わからなくなりました。

 

正直、かなり動揺していました。

 

まず、法律外のことをしていたと自覚したことと、

それ以上に動揺したのは、

 

行き場を失ったということ。

 

ここで本当に瞬間に迷いました。

 

やっていることを続けていけるのか、、、

やめたほうがいいのか、、、

 

お先真っ暗って感じでしたね、、、

 

 

助けてくれた方の存在の大きさと、感謝できない「感謝」

とりあえず自分から何か発信しないと何もできないということで、

ブログで場所を貸してくださる方を募集してみました。

 

「場所なんて、そもそも縁もゆかりもない僕に貸してくれるわけないだろうな、、、」

なんて、思いながら、

正直投げやりに募集してみました。

 

でも、情報を発信している限り、みている人はいらっしゃるのです。

早速大間さんという方から、イベント会場でスペースを貸していただけるとの連絡をいただきました。

府中福祉まつりにて、ノマドコーヒースタンドKAZU出店決定

 

ここ最近で一番嬉しい気持ちだったと思います。

その連絡を受けた時、僕は外にいたのですが、

なぜか笑顔が止まりませんでした。

 

そのあと、僕の故郷、福岡県出身の方の先輩からも、「場所を貸すよ〜」

と連絡が、、、

すぐさま連絡を取り合っています。

 

今も、現在進行形で僕がイベントに出られるようにイベント主催者に掛け合ってくださっている方もいらっしゃいます。

感謝したいのですが、感謝しきれません、、、

 

 

最近、「感謝ってとても難しいんだな」

 

って思います。

 

どんなに僕が「ありがとうございます」

と言ってても、心の中で思ってても、

それは感謝とは言えません。

今、そう感じています。

 

感謝は、気持ちではできません。

どんなにありがたいと思っていても、それを感謝とは言いません。

口ではいくらでも言えるからです。

 

じゃあ、感謝って何?

って思うかもしれません。

 

僕が思う感謝というのは、

期待に応えること

 

どういうことか、、、

誤解を恐れずに言うなれば、

相手の方のご好意でしてくださったことに甘えること

 

です。

「こうしたらいいんじゃない?」

と言われて、ありがたい!!とおもったなら、その通りにする。

 

「場所かすよ〜」

と言われて、ありがたい!と思ったならば、そのご好意に甘える。

 

それが、感謝の表し方だと思います。

そのご好意を受け取らないのは、失礼です。

 

好意を受け取るつもりがないくせに、いくら「ありがとうございます」

と言っても、感謝にはなりませんよね?

 

話がずれましたね(^◇^;)

 

 

 

僕は学生だった

img_0755

いろんな方にご協力をいただいている間、

疑問に思っていることがありました。

 

「なんで僕を救ってくれるのだろうか、導いてくれるのだろうか?」

でも、皆さんはこう言ってくださいます。

・「頑張っている学生を見逃せないよ」

 

・「君を見ていて、自分が学生時代に何もしてこなかったことを後悔した。だから、君を応援したい。」

 

・「いや、なんでか、学生は応援したくなる」

 

・「学生だから許されるよ」

 

「学生」

という身分の強さを思い知りました。

 

それまで、何気なく使っていたこのフレーズ

「学生バリスタ」

に僕は救われていたのかもしれません。。。

 

 

そうか、どんなに自立したつもりでも、僕は学生だ、、、

 

 

「学生」という社会的信頼度の高さに驚きです。

 

おそらく僕がフリーターだったら、こう言われるでしょう。

 

「若いもんが、仕事もせんで何しとるんやろ」

 

これは、確かにそう思います。

僕が逆の立場だったら、そう思いますもん。笑

 

 

ただ、社会的信頼ってすごく大事なんだなって冷静に思います。

そんなこと、気にしたことなかったのですが、

今、実感してます。

サラリーマンが融資を受けやすいのも、社会的信頼度の高さを表しているのだな、、、と。

 

今回のイベント出店のお話で、そんなことを思いました。。。

いろんな方に助けられているという状況じゃないと、

学べないことでした。

協力していただいております皆様のおかげです。

 

皆様ありがとうございます。

 

 

 

僕の活動

<出張バリスタ>

出張バリスタやってます。50円で日本全国どこにでもマジで行きます。

必要なのは交通費のみ。コーヒー代は必要ございません。

https://baristakazu.thebase.in

 

<府中福祉まつり>

ある方のご好意でイベントスペースを借りることができました!!

日時:10月16日(日) 10時〜15時 (祭りは15日もやっております)

場所:府中公園

メニュー:ドリップコーヒー、水出しコーヒー

価格:200円

 

 

どうぞよろしくお願いします!

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

学生バリスタKAZU

明治大学特待生で大学生になるも人生に迷い、スタバとブルーボトルのバリスタに憧れただけでバリスタになった現役大学生。2月にクラウドファンディングを行い、3、4月に日本全国を周りながらコーヒーを淹れる。現在は大学を休学し、バリスタ活動を行いながらフリーランスを目指す。 •https://kazuyoshicoffee.com/barista-profile/