僕は路上でカフェがやりたいんだ。

先日、東京の小金井市にある出茶屋さんを伺いました。

出茶屋さんについてはこちら→東京・小金井市にある移動カフェ、出茶屋

img_1980

これがまず、僕の目指す形なんです。

 

今回はそれについてここに残していこうと思います。

 

スポンサーリンク

ノマドコーヒースタンドKAZU

路上である理由

僕は、ノマドコーヒースタンドKAZUというコーヒースタンドを府中駅で出店しました。(→その時の記事

img_1459

 

なんで始めたかと言いますと、

 

カフェに比べてお客様との距離が近い

 

ところに惹かれたからなんですね。

 

僕はスタバでバイトをしていますが、

お客様と話をしすぎると、怒られちゃうんですよね。

それが嫌で嫌で。

 

常連のお客さんなんて、僕にとっては特別なんです。

話したいことも沢山ありますし、常連さんのことも知りたい。

 

でも、話し込むと、すぐ裏に呼ばれて怒られるんですよね。

 

言い分はいつもこう。

「お店が成り立つためには、そうでない人もお客様なんだから、仕方ない」と。

「ビジネスでは、常連さんも一見さんも、同じなんだぞ。」

 

 

この言葉にがっくり来ました。

 

いや、ビジネスとして成り立つために最低限必要なのはわかりますよ?

 

でも、よく言うじゃん、

「お客様に来てよかったって思ってもらえるような接客を目指そう。」

って。

両立できないことを押し付けんなよ。って思います。

いくら愛想よくても機械的に来る人来る人同じようなこと言うのも好きじゃないんですよ。

 

「今日はちょっと寒いですね〜。暖かいドリンクでも飲みますか?」

ってばっかりいうバリスタ、全然面白くない。

 

てか、お客さんも言われなくてもわかるようなことばかり言ってるし、

 

 

で、こう思うんです。

 

ビジネスは、冷たいものなのかと。

 

 

別にスタバをディスっているわけではありません。

今もスタバのコーヒーを飲みながら書いていますし、

スタバは一番好きなカフェです。

 

 

でも、ビジネスでカフェを経営している以上、接客をいくら頑張ったってしょうがない。

 

 

路上で求めていたもの

路上での出会いは、誰も予想できません。

 

みなさんが日常で例えば新宿や渋谷の路上に出ますよね?

そこで、いろんな人に出会うと思うんです。

そこにいる人たちは、自分とは全く違う世界を生きている方々。

 

僕は、その、

 

自分が生きている世界とは全く違う世界を生きている人たちと出会いたいのです。

 

じゃあどうやって出会うのか?

自分の大学でノマドコーヒースタンドKAZUをやっても、広がる世界はたかが知れています。

 

 

でも、全く知らない土地の路上でやるとどうなるか?

 

これまでの人生で全く関わりもなかったし、おそらくこれからの人生で出会うことのない人たちと出会えたのです。

 

同じ福岡出身の方。

フランス人の料理人。

行政書士の方。

他理系大学の学生。

府中に住み続ける夫婦。

 

今やノマドコーヒースタンドKAZUができていないのでその方々とお会いすることは二度とないかも知れません。

 

でも、僕は会いたい。早く僕が有名になって、連絡が欲しいぐらいもう一度会いたい。

 

もう一度話がしたいんだ。

コーヒーの話ももちろんした。

おすすめのカフェを教えてくれた。

工学部が学校でどういうことを勉強しているのかの話もした。

フランス料理について教えてくれた。

府中がどんな街なのか教えてくれた。

資格を取って独立する話をしてくれた。

行政書士がどういう仕事なのか、教えてくれた。

 

これらの話は、今の僕の周りの友達が一切知り得ないことだらけなのです。

 

こんな話を聞けるのは、

 

僕が路上でコーヒーを淹れたから。

に違いないです。

 

もう一度、会いたい。僕は顔をきちんと覚えているから、大丈夫です。声をかけて欲しい。

 

 

路上でカフェがしたいんだ。

img_1981

 

これが僕が求めるまずは最初の理想。

 

人との繋がりから、僕の世界を広げ、

それを伝えていきたい。

 

 

コーヒースタンドを、日本中でできるようになればいいのに、、、

っていつも思う。

 

a1cbc6e0

 

これこれ、こういうのがしたいんです。

 

楽しいと思うんです。こういうお店が道端にあったら。

いろんな人が集まって楽しそうに話ししている空間って、最高じゃないですか?

 

もちろん、そこでの出会いもかけがえのないもの、、、

 

 

でも、そんな文化がないのが日本の現状。

 

 

なんとか実現できないものか、、、

一度、海外に行こうと思う。

まだ日本で消耗してんの?

僕は、コーヒースタンド文化をもっと知りたい。

 

アメリカやヨーロッパでは、路上カフェ文化があるらしく、それを目で見て、話を聞きたい。

 

いつになるのかはわからない。

だって、学校だってあるし、

そもそものお金もないんだから、、、

クラウドファンディングや、自分の事業ででた利益を貯めてやっていくしかない。

 

ただ、日本でも路上でコーヒーを淹れる人が増えてもいいと思う。

オープンカフェでもいい。

 

路上での出会いは、知らない世界を開いてくれる。

 

そういう路上での出会いを、大事にしたいんです。

 

 

 

スポンサーリンク

僕の活動

出張バリスタ

出張バリスタをやっております。

今は50円でやらせていただいておりますが、

明日には値上げを考えております。

 

僕が今後、生活しながら活動を続けるためにも、、、

どうぞ、今の内に買い取っちゃってください。

出張バリスタ

 

場所を募集しています。

ノマドコーヒースタンドKAZUができる場所を募集しています。

何名かはお声をかけていただいておりますが、

僕が食品衛生管理者の免許を取ったのち、すぐにご連絡をさせていただきます。

 

特に必要としているのは、イベントの場などです。

どうぞ、本当によろしくお願いします。

 

学生バリスタの月額マガジン

申請が承認され次第、近日中には発行しようと思っています。

生きるためにガムシャラです。

 

募金のつもりで買ってください。

どうぞ、宜しくお願いします。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

学生バリスタKAZU

明治大学特待生で大学生になるも人生に迷い、スタバとブルーボトルのバリスタに憧れただけでバリスタになった現役大学生。2月にクラウドファンディングを行い、3、4月に日本全国を周りながらコーヒーを淹れる。現在は大学を休学し、バリスタ活動を行いながらフリーランスを目指す。 •https://kazuyoshicoffee.com/barista-profile/