今日はとあるプロブロガーの方のお話を聞きに

島原まで行ってまいりました!

 

(これがプロブロガーのサイト!!!→ ヒキコモリズム井上さんのブログ

内容は多岐にわたり、ブログガレージというコミュニティも開いている。今は募集期間ではないが、参加する価値はありまくる。なんだって月額980円でかなりの情報が手に入るからだ。)

 

 

人生相談の際、この方のお勧めカフェに連れてってもらったので、紹介したいと思います。

 

 

 

 水屋敷は古民家を改装した古来懐かしのお店!!

 

外観はこちら

とてもいい!!風情が半端なくあります。

商店街の中にあるとは思えない感じがとてもハマります。

 

 

注文をしてから中に進む。(写真は例のプロブロガーです。)

僕はコーヒーしか種類がわからなかったのですが、井上さんが「美味しい」とお勧めしてくれた”かんざらし”をいただきました。

 

ちなみにかんざらしは島原名物らしいです。

 

 

 

 

これが客室。

本当に昔の家だったみたいだ。

 

というか、これを見ると本当に古民家を改装したカフェだそうです。

明治時代のお家なんですね。とてもいい。

 

 

 

 

ちなみにこう見えてWi-Fiは完備。

かなりのギャップですねw

 

まさかここでパソコンをカタカタできるなんて、、、

僕がそのままタイムワープしたような気分です。

 

 

お庭も、ノマドの人にとってはたまらない空間だ。

お庭も水もかなり綺麗。

なんとコーヒーの抽出には湧き水を使っているのだとか、、、

(ちなみに写真の亀は生きていますw)

 

 

コーヒーは水出しコーヒーのHOT。

白玉のようなものが噂の「かんざらし」!!!

汁がすごい甘くてめっちゃ美味しい!!てかやみつきになる、、、

 

そしてさすがは水出しコーヒー。

クセのないコーヒーを出すには水出しがやっぱり一番だ。

酸味もなく、とても飲みやすい。

 

コーヒーのいい感じの苦味がだけが味わえる。

コーヒー好きにはたまらない。この苦味。

 

そして、その苦味を中和してくれるかのようにかんざらしが甘くて美味しい。

白玉にも汁の甘みが染み込んでて、クセになる食感です。

 

 

これはもう一度行きたい。

絶対に行ってやる。

みなさん、島原に行った際には、ぜひ!!

水屋敷へ!!

 

 

 

僕、古民家カフェにはまってしまいそうです。w

今度東京の古民家カフェを探して行ってみようと思います。

 

 

 

人生相談

さて、本題です。

 

僕は生き悩んでいました。

 

就職しても、奴隷のように働かされる日常。

他人を気にして生きて行く世界。

やりたいことができるとは限らない世界。

毎日8時間も縛られ、働く場所も縛られ、仕事の環境も縛られる仕事、

 

それはやりたいことじゃない!!

どうすればいいのか、、、、

 

ということで、めちゃくちゃ勇気を振り絞って相談しに行きました。

 

最初は怖かったです。

まず会ったこともない人に会うのも怖かったし、

何より人としてのレベルが違いすぎる。

 

ただの学生と、プロブロガー兼会社役員。

 

格が違いすぎる。

 

でも、あの時の僕は必死だったんですね。

連絡できました。会わせてくださいって。お話しさせてくださいって。

 

そしたら、めちゃくちゃ普通に接してくださいました。

 

 

本当に偉そうにしないで、

むしろ僕目線で考えてくださいました。

僕の考えていることをしっかり聞いてくださって、

何一つ自分のことを語らず、ひたすらに僕の真剣な人生相談に悩んでくださいました。

 

 

全然違う。人として。大人として。

 

 

僕の知っている大人なんて、

自分一人じゃ何もできないくせに、

大したことのない実績を掲げて、

偉そうにしている大人ばかり。

しかも他人の名前ばっかり借りて偉そうにすることしかしない。

「〇〇って知ってる?〇〇(大手企業)の社長なんだけどさー、あいつと結構連絡とったりしてるよ。」

みたいな。さっぶ。

自信がないのなんて見え見えですから。

 

自分に自信ないのに偉そうにしている大人の皆さん、はっきり言ってそれ、痛いだけですので若者にそういう姿見せないようにしてくださいねー。

 

 

 

さて、そんな僕はゴールデンウィークにブルーボトルに行ったことをきっかけにバリスタになりたかったのです。

コーヒーで何か、僕の生き方を変えるようなことはないのか、、、

そんな僕にプロブロガーの井上さんは、一つのヒントをくださいました。

 

この記事を見せてくださったのです。

参考記事:名古屋で路上靴磨きをしていた学生がクラウドファンディングでお店をオープンした話

 

この記事を見ただけで、僕の道は決まりました。

 

 

一人のバリスタとして、路上でコーヒーを淹れること。

 

これを、やります。

ぼくは決めました

 

偉そうに理想を語るだけの人間になりたくない。

きちんとやりたいことをやる人間になりたい。

 

僕は、好きなコーヒーを使って、やりたいことを見つけたいと思う。

 

追記:

実際に路上でコーヒーを入れました。今思うと、必死だからできたんでしょうね。

参考記事:路上でコーヒーを淹れました。ノマドコーヒースタンドKAZU開店!

 

てか結構口悪いことかいとるねw

ムカついた大人たちに謝りたいけど、

ムカついたってことは心当たりあるってことですね。やめましょう。そんな大人は学生界隈でネタにされますので、

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

学生バリスタKAZU

明治大学特待生で大学生になるも人生に迷い、スタバとブルーボトルのバリスタに憧れただけでバリスタになった現役大学生。2月にクラウドファンディングを行い、3、4月に日本全国を周りながらコーヒーを淹れる。現在は大学を休学し、バリスタ活動を行いながらフリーランスを目指す。 •https://kazuyoshicoffee.com/barista-profile/