渋谷にある「森の図書室」の雰囲気が良すぎて通いそう。

最近渋谷のWebcampに通い始めたのですが、

そこを通っていると、こんな看板が目に入りました。

 

「なんだ、森の図書室って、、、、、、ばり気になる、、、、、なんか聞いたことあるし、、、」

 

 

ということで実際に行ってきました。

 

がっつり森の図書室を紹介しようと思います!!!

 

森の図書室って?

どこにあるのか?

場所は、渋谷の道玄坂にあります。めちゃくちゃわかりやすいところですね。

駅から徒歩10分ほど。

スクランブル交差点を渡って道玄坂の方に向かえばたどり着くという好立地!!!

 

 

いざ、中に入ってみよう、、、え?

ビルの3階にあります。

でも、3階に行ってもお店の入り口はなく、代わりにこんなものが、、、

 

え、どゆこと?インターホンを押せと、、、?入り口は?

とりあえず押す。

 

待っていると

 

スタッフさん:「目の前のドアを開けてお待ちください。」

 

目の前のドアを開けると、こんなものが、、、

 

「え、待って??どうやって入ると?!」

 

実は、この本棚が引き戸になってまして、店員さんが開けてくれます。

いきなり開いたのでちょっとびっくりしすぎて思わず引きましたw

 

この辺の様子の写真を撮れず、読者様にお伝えできないのが唯一の後悔ですが、

 

ぜひとも行って見て、この遊び心満載な入り口を楽しんでください(^^)

 

 

店内は広い?

店内はめちゃくちゃ広いです!さすが図書室。

 

 

席はソファ席もあって、約65席分あります!!

このソファ席に座れたら超ゆったりできますね!!

 

テーブル席にはコンセントもあって、かつ無料Wi-Fiが!!!!

絶好のノマドスポットです。

 

 

本棚はどんな感じ?

さすが図書室。かなりの数の本があります。

 

ただ、一点違和感ないですか?

よく見ると、なんだか変のシールが貼ってあるんです、、、

(って写真ブレとるやんけ!!すみません、、、(~_~;))

 

「本の森」シールが貼られています。

 

このシールは、森の図書室の会員(後述)の方が「ぜひ、みんなに読んでほしい!!」という本を森の図書室に置く代わりに貼られたシールだそうです。

 

一方でシールが貼られてない本もあります。

シールが貼ってない本は、この「森の図書室」の創設者である「森さん」が集めた本だそうです。

 

森の図書室、、、

 

本当に「本の空間」でした。

 

 

「森の図書室」は「常識を覆す図書室」だった。

みなさんがよく知る図書室ってどんなイメージですか?

 

おそらく、

・私語厳禁

・飲食禁止

のイメージがあるかと思われます。

 

しかしこの「森の図書室」はその図書室の常識を覆す「図書室」です!

 

まずは、「森の図書室」のコンセプトを引用しました。

コンセプトは、
~~~~~~~~~~~~~~
本が読めて、借りられる。
お酒が飲める。
音楽が楽しめる。
むかし遊びにいった、友だちの家のように気軽な空間。
~~~~~~~~~~~~~~
です。

本を読む人も、読まない人も、
お酒を飲んだり音楽をききながら、和気あいあいとした時間をすごせる。
そんな場所でありたいと思っています。

引用:https://camp-fire.jp/projects/view/997

 

そう、

私語OK

飲食OK

なんです笑 本当に図書室なのかw

ちなみに音楽もまあまあでかい音でした。

 

 

僕も、メニューにないけれどもコーヒーを飲みながら相棒と一緒に仕事をしていました。

 

メニューはいっぱいあって、コーヒーだけじゃなく、お酒もフードもたくさんありました!!

 

外国人の方もたくさんいらっしゃいました。

さらにメニューは英語対応です。なんと親切な図書室なんだ。

 

 

居心地がすごく良かったです。

なんだかオシャレなバーを連想しました。

それぐらい雰囲気は良かったです。

友人や恋人とゆっくりお話しするにはもってこいの空間です!

 

 

 

お店の壁にはこんなものも。

 

店員さんの紹介カードや、

 

読んだ本の感想まで!!

 

いい!!!すごくいいぞ!!!!

 

本当に「みんなの図書室」という感じでした!!!

 

 

料金システム

簡単に料金システムについて残しておきますね!

一見さんは、席料500円とワンドリンクが必須です。

フードもありますが、注文必須ではないです。

 

そして、森の図書室には「会員システム」があります。

会員になるのは10800円が必要ですが、2点の特典があります!

1、席料がかからない

2、入り口のカードキーが手に入る

の2点です。

年に22回以上行くのでしたら会員がお得ですね!

入り口もカードキーで入れるなんて、なんだかちょっとしたVIP会員気分ですw

 

 

そのほか、フードなどは、だいたい普通の飲食店と変わらないぐらい。

トーストが600円とかですね。

 

初めての方は、予算は全部含めて1000〜2000円ほどを想定していただければ大丈夫です!!

 

やはり、図書室だから本も借りれる!!

やっぱり「森の図書室」は「図書室」なので、

本の貸し出しも行っています。普通の図書館と変わりませんね

 

ただし以下の4点が注意点です。

・借りれない本があるということ

・2週間までしか借りれないこと

・facebookアカウントが必要

・貸し出し手続きに時間がかかる

 

の4点にご注意ください。

 

店内で飲食しなくても借りれるそうで、

「会員」になれば借り放題です!(席代がかからないので)

 

もちろん、本は無料で貸し出ししてます(^^)

 

 

クラウドファンディングで作られた「森の図書室」はやはり「みんなの図書室」

この森の図書室、実はクラウドファンディングによって作られたのですが、

 

目標金額100000円に対して、

 

9530000円も集まったのですw

 

すごすぎる、、、

 

 

そして、

当時(2014年5月30日)時点では

日本で一番支援者数(1737人)が多いクラウドファンディング

だったのです。

 

 

KAZU:「伝説の図書室ではないか、、、、」

 

昔からあったものではなく、いろんな支援者の存在があってこその図書室だったんですね。すごくほっこりします。

 

 

そんな「森の図書室」。あなたもたまには渋谷に本を読みに行きませんか?

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

学生バリスタKAZU

明治大学特待生で大学生になるも人生に迷い、スタバとブルーボトルのバリスタに憧れただけでバリスタになった現役大学生。2月にクラウドファンディングを行い、3、4月に日本全国を周りながらコーヒーを淹れる。現在は大学を休学し、バリスタ活動を行いながらフリーランスを目指す。 •https://kazuyoshicoffee.com/barista-profile/