コーヒーを自分で淹れたい?それならまずはコーヒー器具を揃えよう! *連載企画・コーヒー初心者編*

こんにちは!これまで300人以上の方にコーヒーを淹れてきました学生バリスタのKAZUです!

 

全国でコーヒーを淹れに行ったり教えたりする中で気づきました。

 

「コーヒーを知らない人は、本当に何も知らないんだ。カラフェって言ってすぐにあのコーヒー器具を思い浮かべることなんて、コーヒーを知らない人にとっては難しい、、、

 

 

僕のできることは出張して教えることもできますが、

 

 

ブログがあるじゃん。

教えられるじゃん。

写真で伝えられるじゃん。

 

 

ということで、コーヒー初心者の方向けに連載企画を設けました!!!

 

この連載では、

  • コーヒーが好きだ!!
  • 趣味としてコーヒーを勉強してみようかな
  • 本格的なコーヒーを家で淹れたい!
  • お店でコーヒーを出すけど、どうやって勉強すればいいのかわからない、、、

 

といったコーヒーに興味は持っているが、

 

「どうやってコーヒーを淹れればいいのかわからない!!」

「もっとコーヒーを勉強したい!!」

 

という人に向けて、

 

学生バリスタのKAZUが細かく、そしてわかりやすく自宅で簡単に本格コーヒーを飲めるようにレクチャーします!!!

そして、コーヒーのオモロ〜なお話もしていこうかなって思ってます!!!

 

 

目標は、この記事を読んだだけで

バリスタ

になることです!!!!!

 

いや、ならなくてもいいですがw

ともかく!これを見れば器具は間違いないよ!って記事です。どうぞ!

 

 

 

 

【自宅バリスタ準備編】必要なコーヒー器具

 

さてさて、コーヒーを淹れるにはもちろんコーヒー器具が必要です。

まずはその準備編!!

 

これを読んでいるあなた。

どうせコーヒー器具を揃えるなら

 

おしゃれにしたくないですか?

安く揃えたくないですか?

色々あるけど、何買えばいいかわからないですよね?

 

それらのニーズにお答えしましょう!!

 

身近に、僕の家にあるものを使いながら紹介して行きます。

 

コーヒーミル

(My コーヒーミル。どれだけ少なく見積もっても5kg分ぐらいの豆は引いた。名はない) 

 

さて、本格コーヒーを淹れるには必須のコーヒーミル!

なんでわざわざ自分でコーヒーを挽くのか?

スタバみたいに挽いてくれるところあるし、粉で売ってるものもありますが…

 

コーヒーって、鮮度が大事なんです。

 

そのためには、なるべくコーヒーは豆の状態で保存しておかなければならないのです(粉の状態より、豆の状態の方が酸化しにくい)が、

 

豆のままではコーヒーが飲めない!!!

 

そこで登場するのがコーヒーミル!

 

 

 

これを使えばできるだけ新鮮なコーヒー豆でコーヒーを淹れることができます。

ゴリゴリ回して砕くだけでOK。

 

コーヒーミルは、挽きたてのコーヒーを淹れるために必須アイテムの一つです!!!

 

 

 

学生バリスタ的に超おしゃれなコーヒーミルはこちら!

 

 

 

ちなみに電動のものもありますね。

それについては後日まとめます!

 

 

ケトル

(1L入るでかいケトル)

ケトルはバリスタのこだわりが一番といってもいいくらい見える道具です!

 

例えば、取っ手の部分、重さ、くちばしの細さ・形状など、、、

 

コーヒーケトルには多様な種類があります。

 

 

しかし、この記事を読んでいるあなたはバリスタ初心者のはず!!

 

まずは、ケトルは一番安いものを買いましょうw

 

ケトルを扱ったことがないのにケトルにこだわりだすと、

いつまでたっても自宅バリスタになれません。

 

選ぶ基準はたった2つ!!

  1. 安いかどうか
  2. おしゃれかどうか

 

です!

 

 

僕は一番安いものを買ったのち、容量が大きいものを買いました。一番上の写真のやつですね。

ちなみに、次はこれが欲しいと思っています。

 

 

 

理由は、軽くて容量も入って、なおかつ持ち手が持ちやすいということ。

 

でも、使い慣れないとどれが自分に合っているか、どれが自分の不満を解消してくれるケトルかわかりません。

 

これは僕が使っていたのですが、持ち手が熱いんすよw

 

 

なのでとりあえず、これを買っとけば文句ないです!

 

 

もしくは、僕が大好きなブルーボトルでも売っていたこのケトルです。

 

 

 

こういうケトルは注意!!

持ち手ブレブレのケトルはコーヒーを淹れるには向いてないですよ!!

 

これはお湯を沸かすものですよん。必要ですけど、これでコーヒー入れんとです。

 

 

 

まとめると、

  1. お湯を入れても持ち手が熱くならない
  2. 口先が細い
  3. おしゃれである

 

という3点さえ揃って入れば問題無いです。

 

ちなみに学生バリスタKAZU的一番おしゃれなケトルはこちら!!

 

この直線美。素晴らしい。

口先からまっすぐにドリップできるところがすごくいい。その辺のドリップケトルとは一味もふた味も違うね。

 

ちなみにこのケトルにお湯を入れて使ったことないですすみません。完全見た目と機能性で選びました。

 

 

はかり

そこのあなた。

 

コーヒーを淹れるときにまさか豆の量と水の量を考えずに淹れていないですよね?(^ω^)

 

「そんなこと、気にしたこともなかった。」

 

というあなたは、、、

 

料理に置き換えて考えてみましょう。

 

2人前のカレーを作るのに誰も3人前のカレールーを入れませんよね?(^ω^)

 

 

もうわかっていただけたと思います。

コーヒーもはかりながら淹れるのです。

 

 

僕はこのはかりを使っていますが、、、、

 

 

こっち↓の方がいいです。

コーヒードリップ用のはかりである上に、時間も図れますから。

 

 

ドリッパー

 

僕はブルーボトルが超好きです。

もうこんな写真ばっかもってます。

 

 

 

 

それはさておき、

コーヒーを落とすにはドリッパーは必要です!!

 

このドリッパー、いろんな形があります。

 

僕は

  • カリタ式
  • メリタ式
  • ハリオ式
  • コーノ式

 

の4つあると考え、それぞれをこう呼んでいます。

 

実は、僕もセミナーで勉強したのですが、

 

ドリッパーの形にはきちんとそれぞれの意図があります。

 

 

ただ、ここでその話をすると終わらないので、

とりあえず基本の形、台形のドリッパーを買いましょう。

 

僕も台形のドリッパーから始めました。

写真上が台形のものです。僕が初めて買ったドリッパーちゃんです。

 

こちらから選んで揃えましょう。

 

 

ついでにペーパーフィルターも

 

 

これで揃いましたね!

 

あ、これも必要ですが、、、(カラフェという器具です。)

 

マグカップで大丈夫ですw

 

ちなみに学生バリスタはマグカップを持ってません。

持っているのはこれだけ。

 

おしゃれでんなー(^^)

これです!

 

 

 

 

さてさて!!今回は準備編ということで最低限揃えて欲しいものを紹介しました!!

全部の値段を見てみて欲しいのですが、

 

最高でも18,875円、

3/8現在の最低価格で11,818円ですべて揃います!!!!!

 

 

結構お手軽に始められるのがコーヒー。

この価格でバリスタになれます。

 

 

できるだけおしゃれかつできるだけ安いアイテムたちです。

 

 

是非、あなたもコーヒーを始めてみませんか?

 

1 個のコメント