<寄稿>学生バリスタkazuとの出会い〜カクヤコーヒースタンド〜

こんばんは!!

学生バリスタのKAZUです。

 

今回の記事は火曜日に一緒にコーヒースタンドを立てたカクヤさんから寄稿をいただきました。

 

 

僕と彼はいわば同志です。

 

コーヒーをきっかけにつながりを大切にしたいという点で共通しています。

 

おとといお会いして、僕とカクヤさんは色々と話し込み、

 

「今後どうしようか、一緒に何かしたいよね!」

 

という話をしていました。

ということで、まずは今回、

カクヤさんがご自身の思いを伝えたいということで寄稿という形を取らせていただきました。

 

僕と出会った時の話です。

 

では!!!

どうぞ!!!

 

学生バリスタKAZUとの出会い

この事は鮮明に覚えている。

23:00を過ぎた頃SNSをボーッと見ていた。

何も考えずに。暇を潰すという感じで見ていた。

 

それが一つの記事で一瞬にして吹き飛んだ。

 

えっ!!!

 

そう思った題名が

「僕は路上でカフェがやりたいんだ」

これなんです。

 

この言葉でハッとしました。

 

想いが同じだから。それだけ。

 

そしてそれが凄く心を揺さぶった。衝撃だった。

もう感情を抑えきれず僕はすぐ連絡をし会いたいという気持ちを伝え、すると益々会いたいという気持ちでいっぱいになり、まだかまだかと連絡を待った。

待っている間はもちろんモヤモヤし早く連絡返ってこないかなーとばかり思っていた。

ようやく連絡がとれ、会う約束がとれた。

そうすると会ってもいないのに次から次へとかずくんとこれをしようとか次はこれだとか‥色々とイメージが湧いて止まらなかった。

次の可能性もみえ僕自身が楽しくてしかたなかった。まだ会ってもいない人にこれだけの事を思えるんだとも感じながら。。凄い子だな。かずくん‥

発信するパワーを感じたのを覚えている。

 

“波”それは太古より無限に繰り返されてきた自然の営みだ。

水平線からやってきたうねりは海岸に打ち寄せて白波になりやがてひと粒の泡になって消えていく。

さざ波が巨大なビックウェーブに成長することも。

東洋で生まれた大きなうねりが、何千キロも旅してはるか彼方まで届くこともある。

 

僕はこれから日本中に”波”を起こそうとしているkazuくんとそしてこれから出逢う人々と共に成長していきたい。

 

何かをやり出そうとしている人はとても輝いて力強い。

 

本気で今を楽しもう。

そんな気持ちにさせてくれました。

 

そして、出会った今もこの気持ちは変わらない。

 

 

カクヤさんと出会った時

img_2225

僕も鮮明に覚えています。

Facebookでメッセージがきたのですが、

 

かなり長文でした。

そして、その内容はまさに僕が考えていることそのもの。

 

深夜の1時半とかでしたでしょうか、

僕は寝ていたのですが、facebook電話も来ていました。

 

それほど早く連絡が取りたかったのでしょう。

僕も、長〜い長文を読んで早く会いたい衝動に駆られました。

 

 

そして、彼と対面。

満面の笑みで迎えてくれました。

 

そして彼は繰り返し繰り返し

 

僕と何かやりたくて仕方がないと言ってくれました。

 

僕も、カクヤさんと組むことの可能性に惹かれています。

 

 

 

 

よし。また、カクヤさんの所に行ってコーヒーを淹れに行こう。

そしてその時、決めよう。

 

どうやって僕とカクヤさんで新たな”波”を作っていくことを。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

学生バリスタKAZU

明治大学特待生で大学生になるも人生に迷い、スタバとブルーボトルのバリスタに憧れただけでバリスタになった現役大学生。2月にクラウドファンディングを行い、3、4月に日本全国を周りながらコーヒーを淹れる。現在は大学を休学し、バリスタ活動を行いながらフリーランスを目指す。 •https://kazuyoshicoffee.com/barista-profile/