成功に必要な「ブレイク」の本質と「成功」の本質①

皆さん、「成功」したくないですか?

どんな分野でもいいです。いろんな分野で、ビジネスで成功したい人が僕の周りにはたくさんいますから、きっと皆さん成功したいはず。成功までとは行かずとも、まずは自分が心配なくして生きていけるだけの収入源を確保したいはず。

 

かくいう僕もその一人。「バリスタ」として成功したい。

 

先日、Kakuya Coffee Standのカクヤさんとお会いして、いろんなコーヒービジネスについての話をして来ました。彼は路上でコーヒースタンドをやっているにもかかわらず、おそらく皆さんも想像できないほどの収益を上げています。

 

話題の中心は「どうやって成功するか?」

 

この話をしたのち、いろいろ考えると一つの結論に至りました。

 

「ブレイク」にも「成功」にも間違いなく一つの本質がある。

 

 

どういう人が成功すると思っていますか?

皆さんにまずは聞きたいことがあります。成功する人ってどんな人ですか?

僕はつい先日まで

  • 勉強を怠らない人
  • 継続力がある人
  • 人脈がある人
  • 才能がある人

みたいな感じで考えていました。多分間違いないかもしれないですが、でもこれらが本質ではないなと。

勉強しまくっても成功しない人はいないし、何年もブログを書いているのに成功しない人もいますし、人脈がなくても成功する人はいますし、才能があっても怪我や病気などで成功することができない場合もあります。本質でないということは、例外があるということです。

 

でも、例外なく成功している人に共通していることを見つけました。皆さんはわかりますか?

 

 

サンシャイン池崎さんを見て欲しい。

彼を例にあげます。彼のネタからまずはご覧ください。

これはブレイクする前、去年のネタです。この時点で彼のネタはめちゃくちゃ面白い。観客も爆笑です。

しかし、ブレイクには至りませんでした。

理由は簡単。真似されなかったから。

 

 

ガキ使の特番で彼はブレイクした

ダウンタウンのガキ使の年末特番・「笑ってはいけない」シリーズをご覧になられたでしょうか?(僕は見てません。)

この番組をきっかけに彼のネタはブレイクすることになります。

 

でも、ネタを披露したのはサンシャイン池崎さん本人ではありません。俳優の斉藤工さんです。

引用:http://ホイミ速報.jp/geinou/笑ってはいけない科学博士/

 

これがブレイクのきっかけ。理由は、真似されたから。

 

 

PPAPも同じ原理

皆さんもご存知、ピコ太郎のPPAPも同じです。ジャスティン・ビーバーがお気に入りに追加したのが認知されるきっかけですが、そもそもみんなが真似するからです。

 

誰かが真似すると「これ誰のネタ?」→「ピコ太郎って芸人のネタだよ。」→「見てみよう!」というサイクルが生まれるのです。

真似しやすいからみんな真似する。パロディーも作りやすいからみんな面白がってオリジナルのPPAPを作る。結果大ブレイクする。

 

 

「真似される。」というのはみんなに知れ渡る、ブレイクする本質です。これは間違いない。真似されないものに価値はないということです。

 

 

 

憧れも「真似」と似ている

僕は、憧れもこの部類に入ると思っています。かくいう僕も、「ブルーボトルのバリスタ」に憧れて今や学生バリスタとして出張バリスタを主に活動しています。

憧れも「ブレイク」するきっかけになりえます。

 

面白いことをやっている人に憧れる→その人に仕事を依頼したくなる

という簡単なサイクルです。

 

僕の中で「デザイン」となると、それはもう稲沼竣さん他ならないのです。

これは、完全に憧れから。

「あの人みたいに面白いことがしたいな〜。」

「あの人みたいなデザイン、かっこいいな〜。」

参考記事:脳内アーティストShun Inanumaのデザインレッスンでデザインスキルを身につけよう。

 

 

ここから入るのです。だからこそ、表現活動・発信というのは大事なんですね。全ては「憧れてもらうため。」です。楽しいことしている人について行きたいじゃないですか?あれと一緒です。

 

あなたのしていることは、真似されたいことですか?

ブレイクするために集中するべきは、ここです。あなたは真似されたいことをしていますか?

 

いろんな真似したいことを誰しもが持っています。

  • モテたい
  • オシャレになりたい
  • かっこいいバリスタになりたい
  • ブログで収益を上げたい
  • プログラミングを覚えたい
  • オシャレなデザインができるようになりたい
  • やりたいことを見つけたい

 

ここから、逆算して考えればいいのです。

自分が上記どれかのモデルになればいいのです。

モテている人は、モテていることを全面に出しましょう。

オシャレな人は、オシャレであることを全面に出しましょう。

ブログで稼いでいる人は、ブログで稼いでいることを全面に出しましょう。

 

そうすれば、「ブレイク」する瞬間が来ます。きっと仲間だったり後輩だったりコンサル生だったりサロン生だったりという形でたくさんの人がついて来ます。

 

 

 

しかし、これは厳密には「成功ではない」。

 

これについては次回お話しします。

 

 

お役に立ちましたらシェアお願いします!!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

学生バリスタKAZU

明治大学特待生で大学生になるも人生に迷い、スタバとブルーボトルのバリスタに憧れただけでバリスタになった現役大学生。2月にクラウドファンディングを行い、3、4月に日本全国を周りながらコーヒーを淹れる。現在は大学を休学し、バリスタ活動を行いながらフリーランスを目指す。 •https://kazuyoshicoffee.com/barista-profile/