なりたいものになれるのはなろうとしたものだけ。バリスタKAZUのプロフィール

初めまして!僕のメディア「コーヒースタンドKAZU」をご覧いただきありがとうございます!

このメディアでは、バリスタを目指す僕の奮闘を綴りつつ、好きなコーヒーについて、カフェについて紹介していくメディアです。

まずは簡単に自己紹介させていただきます。

 

バリスタKAZUの簡単なプロフィールとこれまでの経歴

福岡県福岡市出身。22歳。

大学入学まで福岡で過ごし、大学入学と同時に東京に上京。浪人歴あります。

元々は普通の意識高い系大学生だったが、ふと将来何になりたいかわからなくなり、紆余曲折あってバリスタを志す。

大学2年生の2016年10月に、東京・府中駅の路上でコーヒースタンドをたて、当時は学生バリスタとして活動を開始

路上時代の初めてのお客さんです。→当時の記事はこちら

この時期に合わせて当メディア/コーヒースタンドKAZUの運営を始める。

※ちなみに路上コーヒースタンドは現在行なっておりません。

 

その後は出張バリスタなどで日本全国にコーヒーを淹れる旅を行ってきました。

2月にはクラウドファンディングを行い、10万円の目標額を大きく超える17万円以上のご支援を47名からいただく。(振込で2名から6000円の支援をいただきました。)

このクラウドファンディングで集まったお金で日本全国のお客様にコーヒーを淹れてきました。

合わせて読みたい

日本一周しながら全国にコーヒーを淹れ回った話

 

2017年から休学をし、日本全国出張バリスタを続ける。

合わせて読みたい

休学中のKAZUの活動

6月にはリクルートさんのメディア・フロムエーしよ!!さんに声をかけていただき、大好きなブルーボトルさんとコラボ企画も実現。

記事はこちら

 

しかし、この企画をきっかけに「学生バリスタ」であった自分に違和感を感じる。藤岡バリスタに憧れた僕は、大学を辞めてバリスタになることを決意。

大学やめて7月8日から福岡に住みます。大学に行ってよかった。

2017.07.03

 

ブルーボトルの面接も落ちたので、福岡にいる日本チャンピオンのバリスタがいるカフェではたらこうと思いました。

 

そう決めた瞬間即行動。家も引き払ってまでして福岡に来てそのカフェの面接を受けましたがまたもや採用されず。

合わせて読みたい

大学やめて東京の家引き払って福岡来たけど面接落ちてしまった話

 

これが学生バリスタとして活動を始めた2016年10月から2017年7月までの僕です。

 

 

なぜバリスタになりたいのか?

僕の家系にコーヒー関係の人はいません。知り合いにも「バリスタ」として仕事をしている人は一人もいません。

でも、僕は大学を辞めてまでなりたい職業がバリスタなのです。でも、なんで僕がバリスタを志すのでしょうか?

 

きっかけはスターバックスのお兄さん

僕はスターバックスが大好き。でも、スタバ童貞を捨てたのは遅くて高校3年生でした。

高校の運動会が終わったのが9月。センター試験まであと4ヶ月というところで僕は受験勉強を始めました。しかし、自習室が苦手だった僕は、勉強場所として家の近くのスターバックスを選びました。

おしゃれな雰囲気に落ち着ける空間と雑音で広がっていたスターバックスはまさに僕にもってこいの勉強環境。相当集中することができ、少なくとも一日5〜6時間ぐらいいました。しかも週5ペースで。だからスタバのバリスタさんに顔を覚えてもらえます。

「目をつけられたかな…」と思っていたのですが、むしろ帰る時間を心配して声かけしてくれたり、休憩中の話し相手になってくれたりと気遣ってくれたのです!まさにサードプレイス。僕の勉強部屋は、スターバックスでした。

 

「こんなお兄さん達みたいなりたいな…」と思い、大学に入ったらスタバでバイトしよう…なんて思っていました。

 

大学1年生の冬。スターバックスでアルバイトを始める

大学入学当初、初めて受けたスタバのアルバイト面接はあえなく撃沈。しかし、働かないと家の家賃も払えなかったのでやむをえず叙々苑でアルバイトを始めました。

叙々苑の接客やオペレーションはかなり大変でした。先輩に怒鳴られる毎日。雑用ばかりやっていた毎日。それでも、社員さんや同世代が多かったのもあって楽しくアルバイトができましたし、多くの接客スキルを学びました。

 

ただ、やっぱりスタバでアルバイトしたい!と思い面接をまた受け、見事受かりました。それが大学1年生の冬。

大学が春休みになるタイミングでスタバでのアルバイト生活が始まりました。

 

スタバでアルバイトを始め、コーヒーにハマる

僕はもともとコーヒーがそんなに好きじゃなかったです。高校生の時なんか「アイストールキャラメルマキアートライトアイスエクストラミルクエクストラソース」一択。お兄さんにオススメされたものを受験期ずっと飲んでいました。なのでコーヒーにそれほど関心はありませんでした。

ただ、スタバでアルバイトを始めてコーヒーについて勉強していくにつれて、コーヒーが好きになっていきます。

「コーヒーっておしゃれだし、面白い!」

そう思い始めてからは東京のいろんなカフェに行くようになりました。

 

ブルーボトルコーヒーのバリスタに憧れる

2016年5月。僕は噂のサードウェーブコーヒーを飲みにブルーボトルコーヒー清澄白河店に訪れました。

「サードウェーブコーヒーってなんだろう??」と興味津々だった僕は、レジでがっつり質問してしまいました。

そこでの接客がとてもすごい。丁寧に且つ詳しくコーヒーの説明をしてくれたお姉さんの接客に惚れ惚れとしていた僕はさらに、僕が注文したコーヒーを丁寧に、なおかつカッコよくハンドドリップしているお兄さんの姿に一瞬で憧れました。

「あ、バリスタになりたいな。」

そう直感で思った日でした。

 

 

これが僕がバリスタになりたいきっかけです。

 

 

 

得意なこと

僕はヒッチハイクとボウリングが得意です。

ヒッチハイクはこれまで3回、計20回ほど乗せてもらいました。

東京から京都で開催されるキャンプに参加するためにヒッチハイク。

シェアキャンプ場に泊まろう!!ヒッチハイクしてまで参加したシェアキャンプ場のキャンプがめちゃくちゃ楽しかった【ヒッチハイク編】

2017.06.12

 

大学を辞めて福岡に行く時もヒッチハイクで行きましたw

【ヒッチハイクで東京から福岡まで!!】大学を辞めて福岡にヒッチハイクで行った話。

2017.07.11

 

ボウリングは、こんな企画を始めました。

【帰れま245】「ちょっとボウリングが得意」な22歳がプロの全国大会優勝スコア245を超えるまで帰れません

2017.07.20

【帰れま245】9時間!69ゲーム!果たしてその結果は…??

2017.07.24

 

楽しいこと・馬鹿みたいなことをするのが大好きです!!

5m走世界一決定戦とかもやりたいですね!w

 

 

なりたいものになれるのはなろうとしたものだけ

僕にはなりたい姿がある。

あの日憧れたあのバリスタ、ブルーボトルの藤岡バリスタ、ブルーボトルコーヒー、岩瀬バリスタ、RECCOFFEEさんを超えたい。

「超えたい」というものはとても抽象的でわかりにくいかもしれないけれど、なんとなく自分の中で基準はあるから、それを超えたいなって思っています。

 

「なりたい姿」があるんだったら、何をすべきか、どうなるべきか自ずと出てきます。それを日々こなして、いつか勝手に伸びることを待っています。

「なろうとする」にしても時間はかかりますが、僕の人生あと60年はありますから、60回ぐらい挑戦したら一回はうまく行くと信じてやり続けますw

 

ただ、まずはバリスタの頂点に立ちたい。

 

以下で情報発信しています。

・Twitter

@N0C0ffeeN0life→僕の体験を発信しています。「遊び」や「コーヒー」などの発信はこちら

 

・note

バリスタKAZU→僕の思うことを文章にしています。オピニオンの発信はこちら

 

LINE@→ 友だち追加

LINE@では毎週金曜日にコーヒーコラムを中心に発信しています。月一プレゼント企画を行なっています。

 

あなたのフォローお待ちしてます!!

 

 

メッセージやお問い合わせはこちらに

LINE@→ 友だち追加

LINE@からお問い合わせなどをいただくようにしています。今のところなんでも答えていますのでお気軽にどうぞ!

 

どうしてもメールで…!という方は→こちら