中央線沿線でネルドリップコーヒーを飲みたい人必見。「カフェブラウン1号」のネルドリップコーヒーが美味しすぎる。

JR中央線には若者に人気のおしゃれな街も増えてきました。吉祥寺や立川などが筆頭ですね。でも、そんな中未だに昔と変わらない顔をした街があります。そう、高円寺です。ここに、ネルドリップでコーヒーを淹れるカフェがありました。

僕は昭和を知らないけど、昭和風情あふれる高円寺の高架下近くにあるカフェ「ブラウン1号」さん。

ちなみに2号店はないが、1号店らしい。

 

高円寺の高架下近くで営業。メニューは2種類

こちらが入り口。今流行りのカフェとは全く時代を逆行したような入り口です。

メニューは

  • ネルドリップ(600円)
  • コーヒー(400円〜)

の二つのみ。

正直、これだけを見るとやっぱりお店の経営状況などがめちゃくちゃ気になりますが、普段は入りきれないほどお客さんがいらっしゃるそう。

月曜定休日で、営業は基本13時以降からのようです。

 

 

店内はこんな感じ。照明がオシャレすぎます。昭和風情あふれるこのお店は、実はまだ出来て10年。最近できてこの風情は逆にすごい。

 

席は詰めて6人座れるぐらいの広さ。広いカフェだと余白がありすぎて落ち着かないけど、ここは逆にぎゅうぎゅうの空間が心に余白を与えてくれて、とても落ち着きます。

 

 

深煎りのコーヒーをネルドリップでゆっくり抽出

こちらがネルドリップ。僕が持っているものよりもひと回り小さいサイズでしたが、このサイズで3人前用。大きさとしては手の甲ぐらい。

コーヒー一杯で80ml。これをなんと5分以上も時間をかけて抽出。とてもとても濃厚なコーヒーです。

 

面白いのは、粉を均等に平らにするのにバチを使っていた点ですね。クセがすごい。けどそこが好き。

 

カップも小さい。かわいい。

縁に見える金が渋い〜!!!

 

ネルドリップコーヒーが出てきました。

味は、かなり濃厚な深煎りのコーヒー。時代の最先端をいっているサードウェーブコーヒーとは真逆の味わいを出すコーヒーですが、それが逆に美味しい。苦味に深みがあってとても良かったです。ミルクを入れてシロップを入れてカフェオレにしても、とても美味しい。甘々にするとなお美味しい。

 

 

 

カフェブラウン1号、店内もツッコミどころ満載でした。

 

お店は思いっきり手動ドアなのですが、自動ドアシールが貼ってあるというシャレも。

※自動ドアではありません。

 

かわいい?くまさんのぬいぐるみもいました。目玉が垂れて怒っているように見えますが、そのぬいぐるみのクオリティというか、素材がまた風情あってとてもいい。金太郎みたいな腹当てもしています。

 

こんなに昭和風情あふれるお店もなかなかないのではないでしょうか?

中央線沿いのネルドリップといえば、カフェブラウン1号に決まり!

 

 

帰り際、暗くなってきたということで提灯に灯りをつけてもらいました。

「珈琲」って書いてある提灯なんて見たことありません。家に欲しい…

 

 

まとめ

ツッコミどころ満載な喫茶店でしたが、ネルドリップコーヒーがたまらなく美味しいカフェブラウン1号。昭和を知らないのですが、テレビで見たことあるような昭和風情のお店と、そのコーヒーに惹かれずにはいられませんでした。

中央線沿いで超濃厚なネルドリップコーヒーをお探しでしたら、ぜひカフェブラウンに立ち寄ってはいかがですか?

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

学生バリスタKAZU

明治大学特待生で大学生になるも人生に迷い、スタバとブルーボトルのバリスタに憧れただけでバリスタになった現役大学生。2月にクラウドファンディングを行い、3、4月に日本全国を周りながらコーヒーを淹れる。現在は大学を休学し、バリスタ活動を行いながらフリーランスを目指す。 •https://kazuyoshicoffee.com/barista-profile/