【活動報告】12月3日の音楽コンサートでコーヒーを用意します!

こんにちは、学生バリスタのKAZUです!今回は活動報告です。

 

12月3日、幡ヶ谷で行われるコンサートに参加し、観客の皆さんへコーヒーを淹れに行きます!

 

コンサートの目玉が「コーヒーカンタータ」ということでご依頼をいただきました!ありがとうございます!!

 

コーヒーカンタータとは?

「Coffee Time Concert」の目玉であるコーヒーカンタータという音楽があるのですが、それについて少し紹介します。

まず、どういう音楽なのかは下のYouTubeをチェックして見てください!

コーヒーカンタータは「喜歌劇」と呼ばれる劇で、歌と一緒に劇を演じるものです。

音楽家のバッハが作った作品で、18世紀当時社会問題になる程コーヒーが大流行したドイツ社会を風刺した作品となっています!!

実は18世紀当時、ドイツだけでなくヨーロッパ全体でコーヒーがかなり流行っていました。しかしながら「女性」はコーヒーを飲むことが許されていなかったのです。これを当時の文化人は問題視しており、バッハもこのコーヒーカンタータを通して「女性がコーヒーを飲めないのはおかしい。」ことを劇でコミカルに批判したのです。

そんなコーヒーカンタータを、僕が淹れたコーヒーと一緒に楽しんでもらえるようなコンサートです!

 

講演の機会もいただきました!

コンサートの中盤で少し話をさせていただける機会もいただきました。

コーヒーカンタータということで、コーヒーの関して話をしてほしいということでコーヒーの誕生から18世紀にヨーロッパ全体でコーヒーが流行するまでの話をさせていただく予定です。観客数は60名ほどだそうで、とても緊張するかもしれないのですがとてもいい機会をいただきました。

講演内容もほとんど仕上がったので、あとは当日を待つのみ!

 

頑張ります!!

 

※コンサートはすでに満席です。