「マンデリン」と「モカ」の謎を解く!!【コーヒーの銘柄】

どうも〜バリスタKAZUです。

 

コーヒー豆っていろんな種類と名前がありますよね?あれってどうやって決まっているんでしょうか?

僕、エチオピアのコーヒー豆が好きなのです。僕がよく飲んでいるエチオピアの豆の正式名称は「エチオピア イリガチャフ G-1コチャレ ウォッシュ」という名前。

???となりますが、実はこの豆は、「エチオピアのイリガチャフ地方コチャレ地区で取れた豆で、欠点豆(美味しくない豆)がほとんど入っていない高品質な木から取れた豆。精製方法はナチュラル製法」という意味なんですね〜笑笑バリ長い笑笑

でも、名称のそれぞれの意味を知っておくだけでも、名前から豆の良し悪しがわかったりするのです。

 

ただ、今回は難しくならないように、皆さんおそらく馴染みのある「マンデリン」と「モカ」に焦点を当てていこうと思います。

 

 

コーヒーの銘柄

コーヒー豆の銘柄のほとんどは国名がつきます。ブラジル・エチオピア・ケニアなどなど…

その中で、「聞いたこともない国だなあ」と思わせるコーヒー豆があるのです。例えば「マンデリン・モカ・キリマンジェロ・コナ」などなど…

 

内容は随時更新していきますが、現段階では「マンデリン・モカ・キリマンジェロ・コナ」の4つの銘柄の由来にフォーカスしようと思います!

 

インドネシアのコーヒー豆”マンデリン”

”マンデリン”はインドネシアで栽培されるコーヒー豆の銘柄です。でも、なんで「マンデリン」なのでしょうか?また、同じコーヒー豆でもスターバックスでは「スマトラ」という銘柄で販売されています。

  • 「マンデリン」の由来は?
  • 「マンデリン」と「スマトラ」の違いは?

の2点に関してそれぞれ見ていこうと思います。

 

>「マンデリン」の由来。それは部族名から来ているそうです。

現在インドネシアではロブスタ種が主に栽培されているそうですが、マンデリンは「アラビカ種」です。スマトラ島のマンデリン族が1908年のさび病から辛うじて生き残ったアラビカ種のコーヒー栽培を行ったため、名前がつけられました。

 

>「マンデリン」と「スマトラ」の違い。これは、国の違いです笑

ヨーロッパやアメリカでは「マンデリン」という名称は使われておらず、「スマトラ」と呼ばれているそうです。「マンデリン」はむしろ日本だけの呼称なのですね。

 

 

イエメン?エチオピア?「モカ」の由来

「モカ」の由来はイエメンにある「モカ港(Mocha Port)」に由来します。でも、エチオピアのコーヒーも「モカ」という名前がつきますね?

  • イエメンのモカコーヒーは「モカ・マタリ」
  • エチオピアのモカコーヒーは「モカ・シダモ」など

というふうに区別されていますが、

 

なんでエチオピアのコーヒーも「モカ」って名前つけると?!?関係なくない?!?!

と思いませんか?実は、きちんと理由があるのです。地理が得意な方はなんとなくわかったかもしれませんが、こちらの地図を見て見ましょう。

「あれ、エチオピアって海に面してなくね???」

 

そうなんです。エチオピアって内陸国なんです。じゃあコーヒーをどうやって海外に輸送するのか?飛行機?そんな裕福な国ではありません。船で輸送するのです。

で、イエメンのモカ港でコーヒーがたくさん輸送されてるからエチオピアもそれに乗った感じです。だから「モカ」という名前が付けられるのですね!!

 

ただ、今となっては「モカ」=「イエメン」という感じです。

エチオピアのコーヒーは最初に紹介したように、「エチオピア 〇〇」という名前が主流になっているみたいです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?気になるあなたの疑問が解消されたでしょうか?僕はこういうことを勉強するのが好きなので、せっかくだからと記事にしました。

 

 

よし、今日からこの知識を持ってカフェデートに行ってデート相手にどやってあげましょう☆ミ

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

学生バリスタKAZU

明治大学特待生で大学生になるも人生に迷い、スタバとブルーボトルのバリスタに憧れただけでバリスタになった現役大学生。2月にクラウドファンディングを行い、3、4月に日本全国を周りながらコーヒーを淹れる。現在は大学を休学し、バリスタ活動を行いながらフリーランスを目指す。 •https://kazuyoshicoffee.com/barista-profile/