魚はドM

福岡の大濠公園を歩いていると、魚がいた。

魚って、なんとなくイメージつくと思うけど、流れに逆らって泳ぐんだよね。川の流れの方向に向かって泳ぐ魚なんて見たことないでしょ?

人を待ちながらその魚を見ていた時。

 

魚ってドMじゃね?

 

って思った。

 

逆らって生きる

魚は川の流れに逆らって泳ぐ。河口から流れる水の流れに逆らって泳ぐ。

でも、それは僕も同じだと思った。僕もいろんなものに逆らって生きている。

例えばタイムリーだけど僕は大学を辞めた。というか、ずっと辞めたいと思ってた。世間体から、親・親戚の期待に逆らって、僕は僕の意思を一番大事にするために、いろんなものに逆らった。

 

けど、僕は全く後悔していない。僕はむしろ、とても清々しかった。

 

敗者は流されるまま

「勝者は自らを成し遂げ、敗者は流されるまま」

という言葉を急に思い出した。誰の言葉かわからないけど

流れに身を任せて流されたままの魚は、死んだも同然だ。泳ぐために必要な筋力や構造などが衰退して、将来の魚はきっと美味しくもない細い生き物になっているかもしれない。

でも、流れに逆らって生きている魚は、強い。サケなんかは流れに遡上し繁殖する。そうしないと「個体として」生き残れないのだ。

 

これは人間も同じではないか?

何も考えず仕事をこなし、金曜の夜は毎週飲みに行って日曜の夜は仕事に行きたいくないと後悔し、平日は眠たい目をこすりながら起き、満員電車に乗る。時々あるイベントのために働く。

こんな人は衰退まっしぐら。僕は、そうはなりたくない。僕には、流されて生きているように見えるんだ。

 

「主体性を持って」逆らう

流された人生を送らないために、主体性を持つことはすごく大事だと思う。

自分の意思で決定して、自分の意思で判断して…

そうすると、いろんなものに逆らわないといけなくなる。そうだ、自分と他人は違うんだからどこかで歯車はかみ合わなくなる。無理に合わせるから、時に大きな亀裂が入る。まるで僕と親の関係のように。

 

ただ、今生きている人生は自分の人生なんだから、どMになろう。

いろんな逆境が、自分を成長させてくれると僕は思う。