「友達価格」はありだと思うんだ。だってお金より友達を大事にしたいから。

リツイートでこんなツイートを見かけた。

なるほど。確かにわからなくもない。友達だからこそ正当な価格で支払って応援してくれるととても嬉しい。

 

けど、これに関してサービスを提供している側として言いたいことがある。

 

 

生活のために仕事をしているからお金をいただく。それは当たり前。

  • 美容師
  • デザイナー
  • シェフ
  • ライター

などなど、仕事をしている人のほとんどが「生活のため」に仕事をしている。

しっかり料理を作ったら、その対価をいただく。もちろん。当たり前。

 

 

でも、友達にも同じようにはしなくない?ちょっとはサービスしてあげたくない?

 

 

一番大切にしたいもの。

いや、確かにお金は大事だよ?けど、「人間関係」というものがあるやん。

知らない人に「安くしてくれ」とか言われたら、「なんだよお前、サービスを受けといてさらに安くしてくれって意味わからんっちゃけど。」って感じで、怒るのはもっともだと思う。

けど、友達から「安くしてくれる?」って言われても、僕はあんまり怒らない。これまで僕と仲良くしてくれたけんね。「しょーがねーなー。」とか言いながら、できる限り安くする。

 

それに、「安くしてくれる?」って言葉の裏側には、絶対に友人なりの事情がある。

例えば、僕がデザインで仕事をしている時。友人が「ちょっと安くデザインできる?」と頼んできたときは、「ああ、あいつも困ってるんやな。」って思う。

お金に余裕がある奴がそんなこというわけない。お金に余裕があるのが目に見えてわかるのにお金をケチりたいからって言ってくるような友人なら、関係は切る。

 

逆の立場で考える。僕は困っている。どうしてもデザインで困っていることがあるけど、普通に外注するのには予算的に厳しい。そんなとき、頼れるのは、友達だけ。そしたら、僕は事情を話して「ちょっと安く教えることってできる?」と聞くと思う。

友達にそう言われるのは本当に困っているときだと思うし、僕も本当に困った時にそういうと思う。

 

そしたら、僕は友人を救うために自分のスキルを活かしたい。さすがに「タダでやって」はキレるけど。

 

 

単純に、友達にはサービスしてあげたくない?

そもそも、友達が自分の働いているお店に来たらサービスしてあげたくないですか?例えば、その商品が他の人のものだったらサービスできないけど、自分のスキルをサービスしてあげることぐらい朝飯前じゃん。

僕はデザインで名刺とかバナーを作っているけど、実は、知っている人から依頼されたら安くしている。全くなんの繫がりもない人からだったらちょっと高い。(例えば名刺は2500円ぐらい違う)

差別じゃないよ?これまで積み上げて来たものが違うから、それを価格に反映させているだけ。

だってめちゃくちゃ嬉しいもんね。知っている人から「名刺作ってください。」とか、「バナー作ってください。」って言われるの。知らない人から言われるのも嬉しいけど、知っている人だとなおさらお互いいろんなことを知っているから嬉しい。

 

 

友達を一番大事にしたい。

僕は、一応出張バリスタをサービスとして売っている。で、知らない人からはきちんと交通費をいただいてやっている。

けど、友達に「利きコーヒーやってみたい!」とか言われると、それはもう、ただでやりたい。「タダでやってくれ」と言われるのは違うけど、自分からやりたい!って思った時にはお金なんかいらない。僕の好きなことを、友人と一緒に楽しめるチャンスだから。

友達に「コーヒー、苦手なんよね〜」と言われると好きになってもらうようにコーヒーを淹れてあげたくなる。タダで。そして、絶対に好きになってくれると思うから笑

 

でも、サービスとしてやっていることを友達にはタダでしてあげるのには「友達・仲間」と言う関係性があると僕は思っている。その人たちには特別な思い入れがある。積み上げてきた関係が、とても大事だと思う。

僕には、本当に友達が少ないからこそ、友達価格はありなんじゃないかなって思っている。こんな僕と友達でいてくれただけで嬉しいからね。

 

 

あのツイートも、友達は本気で言ってるのか?って思う。絶対冗談でしょ。それくらい、これまでの関係でわからないのかなって思ってる。

ちょっとした下心はあるとは思うけど、ちょっとぐらいいいじゃん。なんでもかんでもお金で勘定していたらめんどくさい。「気持ち」でやりたい。ちょっと経理に詳しい友達に税関係の質問したら、「100円で話すよ?友達価格とかないから」みたいなの、堅苦しすぎ。

全ては場面と関係性による。

だから、僕は一概に「友達価格はおかしい」とは言えない。

 

 

 

ちなみに僕は安くしてと他人に交渉したことはないので、勘違いしないでください。これは全て、僕がサービスを提供する側の話です。