僕、福岡から東京に戻ります。

こんにちは、大学を辞めてカフェで修行しようとしていたKAZUです。

大学やめて7月8日から福岡に住みます。大学に行ってよかった。

7月にこんな記事を書いていた僕ですが、復学します。

今回はそんな話。

 

明治大学で何かしようというつもりは全くなかった

僕は明治大学に入学しました。しかし、僕の志望校は明治大学ではありません。後がなくなって後期試験で受けたのがたまたま明治大学だったというだけで、正直何の思い入れもありません。あるとすれば高校時代に大好きだった習志野高校野球部の宮内さんという超すごい選手がいたことは知っていたのでこの目で生の宮内さんをみたいな〜ぐらい。(動画でホームスチールをしている人。マジですげえ。)

野球が好きすぎて大学でも野球をしたかったのですが、志望校に落ちましたし、明治ではある都合でできませんでした。(勉強の関係)

一般的に見れば明治大学はいい大学というのは個人で活動してからなんとなくわかってきたのですが、僕の周りの友人はみんな名門大学に行っています。東大京大一橋早慶旧帝大の合格者が多分全校生徒の3/5ぐらい。高校時代に仲の良かった友達が名門に通っていることなんてザラ。

だから、僕はただただ焦っていました。なにせプライドは高かったので「周りよりいいところに行きたい」みたいなことはよく思っていて、学歴コンプかと言われればしっくりこないのですが、多分こういう僕を学歴コンプというのです。なので就活では負けたくないなって漠然と思っていました。勝ち負けなんて誰かが決めたわけでもないのに。

 

で、こんな自分を脱却しようとこのブログを始めて路上でコーヒースタンドやって、コーヒーで活動を始めて、いろんな経験をしました。

全部楽しい経験ばかり。

 

「大学なんて行かなくてもいいよね…?」

 

年が明けて、最後の授業には出席して迎えた2年生の後期試験。寒風が吹く日、僕は暖房で暖かくした部屋の中、ずっと布団から起き上がることなく全てのテストを放棄した。人間のクズじゃねえか

 

全部が全部うまく行くわけじゃない

テストを放棄した僕はコーヒーの活動に注力し始めました。クラウドファンディングもやって、日本全国でイベントしに行ったりイベントの飲み物としてコーヒーを用意したり…

バリスタKAZUの活動報告5〜6月

 

で、7月にはこんな感じに。

大学やめて7月8日から福岡に住みます。大学に行ってよかった。

憧れの人とコラボインタビューができて、バリスタの大会に出場した人と話して、強烈にカフェで働きたくなった。で、たまたま実家の福岡の近くに2年連続日本チャンピオンの方のカフェがあったから、面接を受けに行った。

 

 

 

面接はあっけなく落ちた。

 

僕は決死の覚悟で東京から福岡に行って、大学を辞めてまで受けに行ったのだから全然納得ができなくて、理由を聞きに行った。

 

 

 

「ごめんね。」

とだけ。そりゃそうだ、行ったからって特別入社できるわけでもない。でも、その場に前述のチャンピオンの方がいたのでお話しさせていただき、「次の募集まで待とう」と決めた。

 

それからはひたすら楽しいことを求めつつ日銭を稼ぐ日々。デザインを学んでいたおかげで、デザイン案件も頂いたりライター案件を頂いたりでなんとか普通に生活できていた。本当に感謝。

 

 

でも、僕は自分が甘いことに気づかされた。

 

 

否定されること

親戚のうちに行った時、僕は全否定された。うまく行ったこともうまく行かなかったことも全部含めて全否定。

そりゃそうだ。僕は自分に甘かったのだ。怒られて初めて、僕は自分に立ち向かって生きていたと思っていたけれど実は逃げていただけだと気づいた。

だから、いくら頑張っていようとそもそもがダメなんだ。雑魚な自分がダメだから、否定されるんだ。

 

友達からも、「何やってんの?」と否定してくれた。逃げているだけの僕をわかっていたんだと思う。

それを受け入れた僕は、大切な人から背中を押してもらった。10日間ほど悩み、復学を決意した。

 

 

今だからわかるいろんなこと

結局、僕は大学に戻ろうと決めた。理由は?と言われればいくらでも話せる気がするけれど、いちばんの理由は「もう楽しくない」こと。

 

8月は、コーヒーもバリスタも楽しくなかった。続けても、使命感に追われているだけになっちゃうと思った。

だから、きちんと勉強して社会を学んでビジネスをやって、余裕を持って好きなコーヒーをやる方がいいと思った。そう思ってからやったイベントは、今まででいちばん楽しかったと思う。

【KAZU×maruocafeコラボ企画!】東京の阿佐ヶ谷のカフェ・ぺーたーずでのコーヒーイベントが最高に楽しかった!

【コンビニ缶コーヒーの人気ランキング】コンビニの缶コーヒーを全種類買って全部飲み比べて点数をつけてランキング化して見た。

 

だからこれからも、僕は誰よりも「学生」でありながらこれまでのバリスタ活動を続けたい。僕の持っている価値を、欲しい人に提供したい。

 

 

 

と、ここまで書いてて思うのは、頭の中ではわかっていても本当に実感しないと本当にわかんないんだなってw自分がバカすぎて笑える。多分これを読んでいるあなたも「こいつアホすぎワロwww」とか絶対思ってるでしょ。うん、間違ってないと思うよw

 

「お前のやりたいことなんていつでもできる」というのは間違っていると僕は断言する人なんだけど、「やらない」ことだけは避けたいなって思う。

勉強してその僕の思いを言語化できた。それは、

「やらない人は、『やればできる自分』という可能性を持っておきたくてやらないだけ。」

ということ。「プライド」の本当の意味ってこれだと思う。

だから、「お前のやりたいことなんていつでもできる」というのは「お前はそれをいつしても成功する可能性はあるよ。だから今やらなくていいじゃん。」と言っているのと同じで、可能性を持っていることに酔わせる麻薬みたいなものだ。

 

例えてわかりやすく言うなれば、告白しない人だ。これはわかりやすいと思う

告白しない人は、ずっとその人のことが好きでいたいから告白しないのだ。告白すれば、きっとOKもらえるという可能性を捨てたくないから告白しないんだと思う。

全部同じ理由。告白しないと進まないよね。というのと同じで、やらないと進まないよね。

 

だから、結局退学しないで復学するけれど僕は退学しようとしてみて良かったと思う。全部やってみたいことはやってみて良かったと思う。

持っていた可能性を削っていけば、最終的に自分にあったものが見つかるんだと思う。「失敗」ってそういうことじゃないのかな?って最近思った。

今思い出したけれど、エジソンの

私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

と同じ意味合いかな。

 

 

 

というわけでまた大学生します。バイバイ福岡!!!