<出張バリスタ>ゼネラルリンクさんでカンボジアコーヒーを提供しました!

どうも、バリスタKAZUです。

先日、渋谷にあるゼネラルリンクさんにて出張バリスタに行ってきました!

 

まずは…カンボジアのコーヒー文化について

カンボジアでは主に「ロブスタ種」と言って、日本ではなかなかお目にかかれない品種のコーヒーが生産され、一般庶民の間で飲まれています。特徴としては、

  1. 主に深煎りで焙煎される
  2. アラビカ種に比べて栽培が楽な分、品質が低いと言われている
  3. 酸味がなく、ロブスタ種独特の香りと苦味がある

の3つ!

 

今回はゼネラルリンクさんの社員さんに、実際に現地で飲まれている方法でカンボジアのコーヒーを飲んでいただきました!

「ベトナムコーヒー」を知っている方はご存知かもしれませんが、カンボジアでもコーヒーの中にコンデンスミルクを入れて飲まれているのです!

 

コーヒーの出来上がりはこんな感じ。

本場のカンボジアではもっとコンデンスミルクを入れるようですが、ブラックコーヒー大好きな日本人の好みに合わせてコンデンスミルクは控えめにしています!

話によると本場の人は上の写真の3倍以上はコンデンスミルクを入れるそうな…。甘くて最高です。

 

イベントの様子

今回のイベントで使ったコーヒー豆はこちら。

ゼネラルリンクの方に現地から調達していただきました!

なんとロブスタ100%!!(パッケージの下の方に書いてあります。)日本ではほとんど流通されていないロブスタ種100%のコーヒーを淹れる貴重な経験をさせていただきました。

 

今回の出張バリスタは一人ではなく、仲良くしているフリーランスエンジニアのうるぞーさん@rio_uruma が手伝って下さいました。

 

大量のコンデンスミルク。これとカンボジアのコーヒー豆を使ってカンボジア風コーヒーを再現しました。

 

たくさんの方がカンボジアのコーヒーを楽しんでくれました。

 

思ったよりもブラックコーヒーを飲む人が少ない!みなさん、カンボジア流の飲み方でカンボジアコーヒーを飲んで下さいました!

 

最後にカップの底に余ったコーヒーとコンデンスミルクをクメール茶と混ぜ、ミルクティーにするのがカンボジア流飲み方!!

僕も飲んでみましたが、甘いミルクティーになっていて大好きでした!

カンボジア人は甘いものが好きなようですね。そういえば中国のお茶も砂糖が入っているとかなんとか聞いたことがあるような…

 

ストレートティー、ブラックコーヒーなど、苦い飲み物を飲むのは日本人だけなんですかね。

 

まとめ

今回で2回目の出張バリスタとなったゼネラルリンクさん。(→前回記事はこちら

とても素晴らしい社風が好きで、そんな企業にご依頼いただけるなんてとても嬉しい限りです。ゼネラルリンクさんにまた行きたいです。

ゼネラルリンクさんのVISION

Fambodia