コーヒーがもっと面白くなる、利きコーヒーのススメ

どうも、学生バリスタのKAZUです!

 

突然ですが、あなたの好きなコーヒーはなんですか?

 

僕?僕ですか?

僕は、中南米のシングルオリジンのコーヒーか、焙煎度がちょっと深いぐらいのアフリカのコーヒーです。

シングルオリジンから味わえる「これ、本当にコーヒー?!?!?」みたいなコーヒーに出会うことが好きですし、

酸味がありつつもしっかりとしたコクのあるアフリカのコーヒーが大好き!!!

 

 

いろんな種類のコーヒーを飲むことでわかる自分の「好き」があるのです。

 

 

コーヒーの違いがわからない…

「自分の好きなコーヒー」を僕はコーヒーラバーの皆さんには知って欲しいと思っています。

 

だって、どうせなら美味しいコーヒー飲みたくないですか?毎日好きなコーヒーを飲むなんて最高の贅沢ですね。

 

僕はこれまで学生バリスタとして日本全国を回りながらいろんな人にコーヒーを淹れて来ました。するとやっぱり中にはこういう人がいます。

「私、コーヒー苦手なんです…」

でも大丈夫。苦手の原因は、コーヒーを知らないからだと僕は思っているのです。

 

多いのが、「コーヒーは苦いから苦手なんです。」という原因。いろんなコーヒーを飲まれている方でしたらわかると思いますが、苦くないコーヒーもありますね?中には本当にレモンティーやイチゴのような味がするコーヒーがあるぐらい、コーヒーにはいろんな種類があります。

 

そして、僕がこうやってバリスタとしてブログを書きながら全国を回ってコーヒーを淹れて回るのも、綺麗事かもしれないけど僕と一緒にめちゃくちゃ面白いコーヒーを楽しんでもらいたいから。

 

だから、僕は「利きコーヒー」をやっているのです。

 

 

利きコーヒーとは?!

僕が用意した数種類のコーヒーを飲み比べていただくのが利きコーヒー!!

この写真の時に用意したのは

  • ブラジル
  • マンデリン
  • エルサルバドル
  • エチオピア

の4種類。

産地や特徴がまったく違うコーヒー豆を実際にその場で飲み比べてもらう機会なんて、滅多にないので自分でやろうと思ったのがきっかけです。

 

 

さらに、全部飲み終わった後にはコーヒーの銘柄当てゲームも行います!!笑

これが盛り上がる盛り上がるw

 

 

 

利きコーヒーをしてみたい!!

どういう人が利きコーヒーを依頼するの?

これまでの利きコーヒーは個人宅にて2名様相手に行なったことも2回ありますし、10人以上集まる会場でイベントとして開催した経験もあります。

横浜のシェアハウス”okuru”で利きコーヒーしてきました!!

2017.01.17

これは参加者全員が初対面だった時の利きコーヒー。

 

新年初依頼!! 葛飾のお花茶屋で出張バリスタ・利きコーヒーをしてきました!!

2017.01.04

これは、個人宅にご依頼を受けた時のもの。事業家の方で、めちゃくちゃためになるお話も聞けました。

 

 

依頼費用はどれぐらい?

出張バリスタということで日本全国に伺っていますが、基本的に人件費・原価と交通費だけいただければ問題ございません。

最安値で向かい、最安値で帰りますので、そのタイミングを狙ってご依頼いただいても構いませんし、もし余裕がございましたら新幹線で行かせてください笑笑

気になるお値段は…

 

3000+交通費。

 

です!関東の方ほどお得になってしまうのが悔しいです…

 

 

何を揃えたらいいの?

ご依頼いただいた方が揃える必要があるものはございません!!!笑

あ、電源とコーヒーを淹れて飲めるスペースはご用意ください笑それ以外、カップや水、お湯の準備などは全て僕の方でご用意させていただきます。

 

 

KAZUより

コーヒーにハマる前、僕はコーヒーは飲めたんですけどそんなに美味しいと思ったこともなかったですし、単なる勉強する時に飲む飲み物だったんですね。

でも、バイトの研修でコーヒーを数種類飲み比べる機会がありました。その時、初めて3種類ものコーヒーを同時に飲んだのですが、

めちゃくちゃ不思議だった

 

同じ形の豆。同じ色の液体から、どうしてこんなにも味が違うコーヒーができるんだろうと…不思議で不思議で仕方なかった。

それが僕がコーヒーにハマったきっかけ。これをきっかけに、ブルーボトルコーヒーに行ったことで現在バリスタとして活動するきっかけができたのです。

全ては、コーヒーを飲み比べ、コーヒーにハマったから。

 

 

それを、僕は伝えるために日本全国回ってコーヒーを淹れているのです。

 

 

合わせて読みたい

日本全国を回りながらコーヒーを淹れたい!!

 

 

あなたのコーヒーの世界を僕と一緒に広げましょう!

ご依頼は下のボタンからお願いします(^o^)

 

コメントを残す