「ラテ」と「オレ」の違い。「カフェ・オレ」と「コーヒー牛乳」の違い

こんにちは、KAZUです。

あなたはカフェに行くと、どういったコーヒーを注文しますか?僕は大体カフェラテを頼みます。そう、ただラテアートが見たいだけ。

ふとある日、いつものカフェラテを飲みながら思いました。

「ラテとオレの違いってなんだろうか…」

 

今日はその違いについて勉強したので説明します。

 

 

「ラテ」と「オレ」は同じ?!

カフェラテとカフェオレをアルファベットで表記すると

  • カフェラテ=Caffe latte(イタリア語)
  • カフェオレ=Cafe au lait(フランス語)

となります。「Caffe」も「Cafe」もどちらも「コーヒー」で、「Latte」も「Lait」も「牛乳」という意味です。

 

そう、実はカフェオレもカフェラテも同じ「コーヒー牛乳」という意味なのです。

 

 

でも、それぞれを飲むと味が違うんですね。コンビニでは「カフェオレ」をよく見ると思うのですが、カフェではカフェオレなんてほとんどないですよね?

実は、この区別は日本独特のものなのです。日本ではこういう認識でカフェラテとカフェオレを分けて考えています。

ふむふむ。確かにこんな認識をしている気がする…カフェラテのコーヒーはエスプレッソで、カフェオレのコーヒーはドリップコーヒーを使っているような認識をしています。

ただ、フランス人も「エスプレッソ+ミルク」を飲みますし、それを「カフェクレーム」(もしくはカフェオレ)と呼ぶらしいです。

なので、厳密にはカフェオレもカフェラテも同じなんですね。ただ、日本では上の図のような区別があるのです

 

 

ただ、ここまで記事を書いてふと僕は思ったのです。

 

「コーヒー牛乳ってカフェオレと同じ意味なん??なんで分けとるん??」

 

 

カフェオレとコーヒー牛乳の違い

調べると驚愕の事実が…

 

コーヒー牛乳について調べると、こう書いてありました。

コーヒー牛乳(コーヒーぎゅうにゅう)は、牛乳などの乳製品にコーヒーおよび砂糖などで味付けした飲料の通称。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/コーヒー牛乳

「なるほど、、、とりあえずコーヒーと牛乳が混ざっていたら全部コーヒー牛乳なんだ…

 

カフェオレには、3通りあるらしく

  1. 濃いめに淹れたコーヒーと温めたミルクを混ぜたもの
  2. エスプレッソと同量のミルクを淹れて混ぜたもの
  3. インスタントにお湯ではなく温めたミルクを混ぜたもの

ですが、実はどれもコーヒー牛乳なんですね笑

 

カフェオレとカフェラテには厳密には違いはなく、僕たち日本人の中で感じていた違いは日本ならではの区別があったから。そして、コーヒー牛乳はコーヒーとミルクを混ぜた飲料の通称であり、カフェオレもコーヒー牛乳であることが今回わかりました。

 

 

 

結論

カフェオレよりもコーヒー牛乳の方が強い。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

学生バリスタKAZU

明治大学特待生で大学生になるも人生に迷い、スタバとブルーボトルのバリスタに憧れただけでバリスタになった現役大学生。2月にクラウドファンディングを行い、3、4月に日本全国を周りながらコーヒーを淹れる。現在は大学を休学し、バリスタ活動を行いながらフリーランスを目指す。 •https://kazuyoshicoffee.com/barista-profile/