苦学生だった僕が「今ならこうやってお金を使う!」お金に困らない大学生活について語る

  • お金がなくてバイト三昧…
  • お金を貯金することができない…
  • 毎日外食してしまってお金がない…

といった方必見です。

 

まずは苦学生だった僕の経済状況です。端数は端折っています。

  • 仕送り40,000
  • 奨学金50,000
  • バイト代 ???

計90,000+バイト代

収入源はこれだけ。それに対して支出は

  • 家賃65,540
  • 公共料金7,000
  • 通信費10,000
  • 食費40,000
  • 交通費13,620
  • 娯楽費30,000

計166,160円

つまり、僕は毎月アルバイトで必ず76,610円分の労働をしなければなりませんでした。

時給が1130円だったので労働時間は68時間。

一日6時間労働が基本だったので、12日はアルバイトをしなければなりませんでした。

これだけを考えれば、それほど働く必要もないしもっと遊べる時間も作れますね。でも、お金が足りない…

お金が足りない根本的な理由は「支出が多い」というところです。大学生だった僕は、その支出を減らす工夫を全くせずにアルバイトの日にちを増やす一方でした。

 

ということで、今回は僕と同じお金に困っている苦学生のあなたが今日から取り入れられるTipsを紹介したいと思います!

 

 

苦学生が支出を減らすためにやるべきこと

1、食費を減らす

まずはあなたの食費を減らしましょう。苦学生のほとんどは「一人暮らし」です。一人暮らしでめんどくさいのは、

  • 自炊
  • 洗濯
  • 掃除

の3大めんどくさいです。この中で一番節約できる可能性があるのが「自炊」。

 

僕が実際に実践していた簡単で安い自炊の考え方を紹介します。

まず、「炭水化物は安い」ことを覚えておいて下さい。しかし、パンは高い。なぜなら加工してあるからです。加工されたものはあまり買わないでおきましょう。

まず買うべきは「米」、もしくは「パスタ麺」です。この2大炭水化物はかなり有能。毎日食べても不思議と飽きない上に安い!おかずを1、2品買えば簡単です。そして、なるべくお金をかけないために炊飯器も安いものにしましょう。

炊飯器はこれがオススメです。もしお金がなくて買っていない場合はこれを買うことをオススメします。

この炊飯器はかなり有能です。2合炊きできる上に スイッチONで、簡単に炊飯開始。炊き上がったら自動で電源がOFFになるので安心です。しかも約20分のスピード炊飯。内釜は水洗いOKなので、お手入れもラクラクで、すぐに使える計量カップ&しゃもじ付き。

むしろ買わないと損です。2000円程度ですから。

 

あとは、炭水化物さえあれば肉なり野菜なりを買ってくればだいたい一食400円もしません。スーパーではサラダはパックで100円もしないものも売っていますし、肉は200gで300円程度ですから。あなたの家の近くのスーパーに行ってみてみましょう!

 

2、家賃を減らす

僕は家賃が高すぎました。正直大学生ともなれば家に帰ってすることなんて寝るだけです。「お泊まり」なんてイベントは他の友人の家に行けばいいのです。僕は築浅の物件で、綺麗でトイレ風呂別・ロフト付き・家具家電付きの物件なんて契約したために家賃が高くなりました。

「今、僕が部屋を契約するなら」という仮定で、絶対に外せないものを挙げていきます。

  • 寝るスペース
  • トイレ風呂(別じゃなくて良い)
  • 冷蔵庫・洗濯機
  • ネット環境
  • キッチン

だけ。これ以外はほとんど必要になったことはありません。あまり贅沢な部屋にすまないことをオススメします。お金の使い所は「家賃」と行った「リターンとして帰ってこないもの」に使っては行けません。

 

3、まかない付きのアルバイトをする

僕は某高級焼肉店でアルバイトをした経験がありますが、賄い付きでしかもかなり美味しくてタダでした。

一番お金をかけてしまう「食費」を浮かせることができる上に美味しいご飯も食べられる。そう行ったアルバイトをしましょう。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

学生バリスタKAZU

明治大学特待生で大学生になるも人生に迷い、スタバとブルーボトルのバリスタに憧れただけでバリスタになった現役大学生。2月にクラウドファンディングを行い、3、4月に日本全国を周りながらコーヒーを淹れる。現在は大学を休学し、バリスタ活動を行いながらフリーランスを目指す。 •https://kazuyoshicoffee.com/barista-profile/