出張バリスタin REISM STAND

こんにちは!学生バリスタのKAZUです!

 

先週の日曜日、東京渋谷でとてもおしゃれなリノベーション物件を扱うREISMさんのREISM STANDにてワークショップを開催しました!

 

利きコーヒー

今回も人気企画「利きコーヒー」をワークショップとして実施させていただきました。

利きコーヒーについては、こちらの記事へ

 

3種のコーヒーを飲み比べていただきました。

  • コロンビア
  • エチオピア
  • マンデリン

 

「コーヒーの違いは、生産地域で大まかに異なる」という話をしたのち、皆さんに実際に飲み比べていただきました。

利きコーヒーの面白いところは、「同時に3種類のコーヒーを飲み比べできること!」です。

やっぱり、「コーヒー」という単語から連想するのは「コク・苦味」といった言葉ですが、「酸味・甘味」をしっかりと比べながら認識する機会ってあまりないと思うのです。

コーヒーの生産地の違いから、豆の違いから焙煎度の違いまで知識として知ってもらい、たくさんの体験をしてもらえたかなと思います。

 

 

いただいた質問まとめ

イベント中にたくさんの質問をいただきました。覚えている限りで、ここにシェアしたいと思いますので参考にしたい方は参考にされてください!

 

・コーヒーを淹れる時の水って、どうしたらいいの?

→基本的には水道水で問題ないです。水の品質にこだわりたい方は、「日本の、もしくは軟水のミネラルウォーターを買う」のがオススメです。硬水は、味の抽出がうまくいかず渋いコーヒーが出来上がるのでオススメしません。

 

・コーヒー豆と水の分量ってどうしたらいいの?

→一般的な目安は、豆の量の14~16倍です。僕は16倍で淹れることが多いです。

10gの豆を使ってコーヒーを淹れる場合は、160ccのお湯を使って抽出してもらえればほとんどの場合おいしく淹れることができます。

 

・スタバでおしゃれに注文する方法ってありますか?

→コーヒー用語を使って注文するとおしゃれです。苦いのが苦手な人は、エスプレッソ少なめを意味する「リストレット」や、苦いのが好きな人はエスプレッソの量を倍にする「ダブル」などの用語があります。が、慣れていないとカッコ悪いので練習が必要ですw

 

そのほか質問がありましたら、こちらのライン@に何なりとおっしゃってください〜!

 

友だち追加

 

以上!出張バリスタ報告でした!