宗教勧誘、セミナー勧誘に3回遭った僕が語る、勧誘してくる人の3つの特徴と、騙されない心の持ち方。

大学生になってから2年間で3回宗教勧誘に遭いましたKAZU@N0C0ffeeN0lifeです。

なんか引き寄せているんですかねw僕は特に宗教家というわけじゃないのですが…

 

1回目は一人暮らししていた家に訪問する方

2回目は大学内で、大学の無関係者から道案内を頼まれたとき

3回目はヒッチハイクで乗せてもらった車の中

 

3回経験してわかったのは、「勧誘する人には共通点がある」こと。

 

宗教勧誘に困っているあなたのためになれば幸いです。

 

 

宗教・セミナー勧誘する人の共通点

宗教勧誘する人には、「口癖」があります。あとは、自分との接し方。

以下の項目に当てはまったら、「あ、こいつは勧誘してくる可能性あるな。」と思ってください。

 

 

勧誘する人の特徴その1・自分(=勧誘される人)のことを否定してくる

勧誘してくる人はあなたのことをまず否定します。僕の場合だと

「いい大学に行っていても、社会人になって成功できるとは限らないよ?そのために今やっていることは無駄かもしれない」←2回目の時

「バリスタになるためにやることの前に、もっと大事なことをあなたは無視している。」←3回目の時

 

「今のあなたは間違っている。それを正す方法があるのですよ。」

と言っているかのごとく、否定して来ます。

「会ったばかりの人に俺の何がわかるんだ」って思いながら話を聞いていましたが、これにつられてはいけません。

 

「え、、、僕、どうしたらいいですか?」なんて答えた日にはおしまいです。まったくぶれないようにしましょう。

 

勧誘する人の特徴その2・一度相手のフィールドに誘われる

勧誘してくる側は、一度自分のフィールドに連れ込もうとします。これもこれで厄介です。

1、3回目はがっつり意味のわからない「ミサ」やら講演会にいきなり誘われるのでわかりやすいのですが、

2回目の時は全くわかりませんでした。

相手は、僕の3個上の大学生。スポーツが好きだという共通の話題のもとで、一度スポーツワークショップに誘われました。

ただの遊びだったから参加したものの、そこに参加してからさらに誘われる機会も増えました。

「就活成功した先輩とご飯行かない?」

とか

「今大学の近くに来たから、せっかくだから奢るので焼肉でも食べませんか?」とか。

 

まあ仲良くなっちゃったからその時の僕は行ってしまったのですが、相手のフィールドに立ってはいけませんね。

 

 

勧誘する人の特徴その3・将来の夢・目標を聞かれる

これ、マジで共通してます。これを聞かれたら「あ、勧誘かな?」と疑ってください。

答えると、

「立派な夢だね。でもね、今のままでその夢が叶うと思う?」

と言われます。まあ今の自分を否定してくるんですね。

そっからのマシンガントークがもう鬱陶しいwほとんど聞きませんが、1、2回目はキリスト教徒の方だったのでやけに「宇宙」の話をさせられましたね。しんど。

 

 

でも、これって勧誘するのにもってこいなんですね。なぜかというと、不安を煽りやすいから。

安心は過去から、楽しさは現在から、不安は将来からくると僕は考えています。

 

経験が自信となって安心につながり、

楽しいという感情は「今」しか感じれず、

何があるか、何が起きるか全くわからない将来からは不安しか感じません。

 

将来の話をして不安にさせ、そこにつけ込んでくるやり方なんだろうなって思いながら僕は「将来の夢は5000兆円が欲しいです。」みたいなことを考えています。

 

 

特徴まとめ

とまあこんな感じな人が多いです。表面上は優しくても、裏には絶対何かあります。講演やセミナーに誘われた時はマジで断りましょう。

 

ちなみに僕は最後まで染まることなく無事に生きています。それには、僕が大事にしている考え方が関係していると思いますので紹介します。

 

勧誘に騙されない考え方

勧誘されるときに頼りになるのは「自分」です。そんな自分をしっかり自己洗脳しておきましょう。

 

1、他人は自分のために生きない

大前提ですが、そもそも人は人のために生きていないという考え方です。

 

優しくする人も、自己承認欲求を満たすために人に優しくしている。

人に怒るのは、イライラしている自分をスッキリさせたいから怒っている。

人にアドバイスするのは、偉そうにしたいから。(求められてするアドバイスは別)

 

そう考えると、勧誘してくる人は僕のことを思って言ってくれているようで、全くそうではありません。絶対に相手の裏がありますので、気をつけてください。

 

 

2、身近で一番すごい人と比べる

僕がよくするのはこれです。自分の身近にいるすごい人と比べれば、勧誘してくる人がすごくないのは一目瞭然なはず。

どうせなら自分の知っている中で一番すごい人からアドバイスもらった方が良くないですか?

みたいに思えば、相手の言っていることがどうでも良くなります。

 

僕も、周りに尊敬する人が4人いたので速攻でどうでもいいなって思っていました。

 

 

3、自分を大切にする

これが何より大事だと思います。自分の頭で考えたこと、感じたこと、やりたいこと、目指したいことが何よりも大事。

そんなに大事なものを、知らない赤の他人に否定されたぐらいで揺れるのではいけません。確固たるものにすると、決して騙されません。

3回目はヒッチハイク中だったので9時間も一緒に時間を過ごしたのですが、決して心揺れることはありませんでした。

「バリスタとして活躍する」と決めていた自分の思いを否定されても、正直イラっとはしましたが何を言われても右から左に受け流していました。

 

一番大切なのは、「自分」

これを忘れないようにすれば、決して騙されません。

 

 

まとめ

勧誘されるのは相手に何か裏があるから。

 

僕は勧誘する人間なんかにならないし、勧誘されても絶対に釣られないよん。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

学生バリスタKAZU

明治大学特待生で大学生になるも人生に迷い、スタバとブルーボトルのバリスタに憧れただけでバリスタになった現役大学生。2月にクラウドファンディングを行い、3、4月に日本全国を周りながらコーヒーを淹れる。現在は大学を休学し、バリスタ活動を行いながらフリーランスを目指す。 •https://kazuyoshicoffee.com/barista-profile/