大学受験、四谷学院で浪人した僕が語る「予備校選び」

こんにちは!学生バリスタのKAZUです!

 

 

僕は福岡県屈指の高校に進学しましたが、現役時代は野球ばっかりやって全く勉強しなかったため、浪人することになりました。

その時の話をしたいと思います。

 

 

浪人のススメ

僕は浪人し、闇の1年間を過ごしましたが「浪人はすべき」と言えます。

いくつかその理由を書きます。

 

友人の幅が増える

友人の幅が増えます。これは間違いない。高校からストレートで大学に進学した人より出会う人の数は多くなります。これは実際大きなアドバンテージ。

浪人した人はわかると思いますが、浪人時代の友人とはなぜか仲良くなります。なんででしょうね?仲間意識からでしょうか。

 

僕も、浪人したことで高校時代に話したこともなかった同級生と仲良くなったり、全く違う高校に通っていた友人と知り合いになることもありました。

 

これ、現役で大学に行く人よりは間違いなくお得です。人生、お金と人で全てです。いろんな人を知っているというのは、間違いなく自分の人生の幅を広げてくれます。

 

現役の時より間違いなく上のレベルの大学に行ける(ただし勉強する人に限る)

これは間違いない。僕は偏差値をビリギャル並みに爆上げしたので断言できます。

現役時代は広島大学にすら受からなかったのに、浪人したら東大を受けれるぐらいになって(記述模試でB判定出てやばかった)、明治の特待生になれました。これは浪人したからこそ。

 

きちんと勉強すれば偏差値は上がりますから、きちんと勉強しましょう。ちなみに勉強はほとんど全て暗記ですので、勉強量に比例して成績は上がります。

 

 

以上2点だけでも、浪人する価値はあります。社会における1年の遅れなんてなんてことないと思いますから。むしろ、友人が一年先を経験してくれるおかげで自分は友人の反省を生かした大学生活が送れます。

 

 

四谷学院で浪人した理由。

僕は一応高校が結構な進学校だったので友人のみんなは河合塾や駿台に通っていました。でも、そんな中で僕が四谷学院に入塾したのには一つだけ大きな理由があります。

 

学内偏差値30台だった。

僕、相当バカだったんですw学年で下から5番ぐらい。だから、みんなと同じ塾に行ってもみんなを超えられないなって、アホなりに思ったんですよ。そもそもレベルが合わなそうだし。

「誰もいない予備校でこそ勉してみんなを出し抜いてやろうwww」

 

とかまじで思っていましたw

 

で、四谷学院でめっちゃ勉強してました。人生で一番勉強しましたね。

 

 

予備校はどこにしようか

正直、予備校をどこにしようかなんて考えている時点でダメだと思います。浪人してまで受験勉強をやる前から勝負に負けているようなもの。

 

自分の将来が上手く行くようにと、他人(=予備校)にゆだねるようじゃあ勝てないです。今めっちゃ実感しているのですが、社会に出てもダメです。

 

「自分」という「主体性」と「自分事視点」がないと勝負には勝てません。

だから、どこでもいいから予備校に行きなさい。その予備校で与えられた教材を”自分で”勉強して、吸収してください。

 

 

もちろん、「宅浪」もありだと思いますよ。予備校の高い授業料なんか払わなくても、いい問題を送ってくれるZ会というグループもあるし、僕が愛用していたスタディサプリの講座も受けられますから。

 

 

 

とりあえず自分でやれ。

僕からのメッセージはそれだけ。とりあえず自分でやってください。”自分で”やらないと始まりません。

今、自分が勉強していることがやらされていると感じるのでしたら、自分で動いてみるといいでしょう。

 

いくつか選択肢を置いておくから、「親が選んだ予備校で勉強している」人とか「なんだか勉強に身が入らない…」人は自分で選んでみるといいでしょう。

【スタディサプリ】自分で、動画授業で苦手を克服

ベネッセ高校講座で”自分”で始める。資料請求から。

→Z会でワンランク上の問題に挑戦

 

 

 

 

これを読んでくれている受験生、応援しています。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

学生バリスタKAZU

明治大学特待生で大学生になるも人生に迷い、スタバとブルーボトルのバリスタに憧れただけでバリスタになった現役大学生。2月にクラウドファンディングを行い、3、4月に日本全国を周りながらコーヒーを淹れる。現在は大学を休学し、バリスタ活動を行いながらフリーランスを目指す。 •https://kazuyoshicoffee.com/barista-profile/