【出張バリスタ】人生初の北海道へ!札幌で利きコーヒーとコーヒーの淹れ方をレクチャーしてきました!

この度人生初の北海道に行ってきました。しかもなんと出張バリスタの依頼で

僕の出張バリスタは基本的にギャラは0で、交通費と材料費のみ依頼者に負担していただく形なのですが、まさかの「交通費も飛行機代も負担しますのでぜひ札幌に来てくださいw」なんてサラっておっしゃるもんですから僕はびっくらこきました。

 

会場も、めっちゃおしゃれだし…

バーカウンターみたいな場所まで完備してありました。冷蔵庫もバルミューダの電子レンジも使い放題!

 

 

なんて前置きは置いといて、そんな北海道での出張バリスタを振り返ります!!

(依頼してくれた渋谷さんと一緒に)

 

 

イベントの様子

まずは軽く僕の自己紹介を済ませ、毎度おなじみ参加者の皆さんの自己紹介!

ちょっとしたこだわりから始めた参加者の皆さんの自己紹介ですが、いろんな面白い話ができるきっかけになってとてもいいです

 

今回の利きコーヒーで用意したのはスターバックス社のコーヒー3種類!

  1. グアテマラアンティグア
  2. エチオピア
  3. スマトラ

 

これらのコーヒーを飲み比べていただき、それぞれの特徴を説明しました。

 

そして3種類の中からランダムでコーヒーを淹れ、銘柄当てゲーム!(利きコーヒー)

なんと15人中9人が正解するという相当な正答率!その中からじゃんけんで商品をゲット!

杉田さんおめでとうございます!!

 

そのあとはコーヒーの淹れ方をレクチャー!

 

皆さん熱心に実践してくださいました!(細かい内容は別記事を用意しますので、レクチャー内容が気になる方は少々お待ちください!)

 

 

そして最後のコーヒーブレイク!!

主催者の渋谷さんにたくさんのケーキを買い揃えていただきました!

スタバのケーキ。渋谷さんの至れり尽くせり。ロイズのチョコレートも美味しい

 

そしてフードペアリングも兼ねて、各々好きなコーヒーを淹れてケーキをいただきました!

(学んだ内容を実践していただき、嬉しい限り…😭愛さんは熱心にメモまで…😭)

 

まじでコーヒー好きの参加者の皆さんと札幌のカフェ巡りツアーやりたすぎる…

 

 

いただいた質問の回答

今回のイベント前にいくつか質問をいただきました!

せっかくなので、上から順番に簡単に回答を載せます!

・なんちゃらウォッシュて何ですか?  洗うことで何が変わるのか、普通は洗わないのか

→コーヒーチェリーからコーヒー豆だけを取り出す過程の中の1つを「ウォッシュド」や「ナチュラル」という言い方をします。なので「洗う」という考え方というよりは「果実から豆を取り出す方法」という考え方なのです!

 

・ステンレスのマキネッタは洗剤で洗っていいの?  また、フレンチプレスとではどちらが濃くなるか?

→コーヒー器具は洗剤で洗ってもいいのですが、洗剤の香りがコーヒー器具に染み付いてコーヒー本来の味を楽しめなくなる可能性がありますので、オススメは「お湯」で洗うことです!

 

・フレンチプレスは紅茶用と珈琲用で何が違うのか

一緒です。印象操作的というか、フレンチプレスはもともとコーヒー用に作られたものであるのにも関わらず紅茶を淹れるのにも適しているからと広告で使われたのが「ティープレス」の誕生だとも言われています。ただ、「ティープレス」も「コーヒープレス」も同じフレンチプレスを使っているのに違いはありません。

 

・「浅煎り」「中深煎り」「深煎り」とする基準は  あるんでしょうか?店によっては「深煎り」で  出してても別の店では「中深煎り」くらいだったり、お店によって違う気がします

→完全に「お店」の独断だと思います。「コーヒー豆の濃さ」を客観的に認識できない以上は明確な基準がないのが現状です。

 

・お酒や茶器のように口に当たる部分の器の厚さによって味の感じ方が変わるのか?

変わります。ぜひ「マグカップ」と「湯のみ」とか、「マグカップ」と「グラス」でコーヒーを飲み比べてみてください。僕は「陶器」と「グラスマグ」で飲み比べて、「あ、全然味の感じ方が変わるな。」と思いました。

 

・サイフォンやら紙のフィルターやら銅板みたいなのやらいろんな方法があるけど、実際にどう違ってくるのか

→変わるのは⓵コーヒーの出来上がりの温度⓶コーヒーの質感の2つが主に違って来ます。⓵の例としてはサイフォンとドリップコーヒー。⓶の例としてはフレンチプレスとドリップコーヒー。このペアで飲み比べると違いがはっきりします。

 

・ブレンドとストレートでお湯の温度は違うのか ( 銘柄ごともしくはコーヒーに最適な温度があるのか)

「最適な温度」はありません。ただ、コーヒーの温度によって味の感じ方が変わって、淹れたての熱いコーヒーは「熱さの刺激」が強くてあまりコーヒーの味を感じることはできないのですが、コーヒーが冷めると「コーヒーの酸味」「コーヒーの苦味」を感じることができます。「ブラジル」のような滑らかで尖った特徴もないようなコーヒーの場合は少し熱いぐらいであれば「甘さ」を感じることが出来ると思います。

 

・入れる直前に豆を挽いて飲むのと予め挽いて粉にしてあるもので 味が変わるのか

変わります。予め豆を挽いたコーヒー豆は酸化スピードが早いのでコーヒーが酸っぱくなったり変な味がすると思います。

 

・コーヒーを美味しく飲めるのは挽いてからどのくらいの期間までか

→僕の中では3日ぐらい。挽いたコーヒー豆はすぐにそのコーヒー豆が持つ本来の味がなくなります。(酸化が早いため)

 

・豆、粉、それぞれの保存方法

→まずはコーヒーの3つの天敵を知っておきましょう!⓵湿度⓶直射日光⓷酸素の3つです。これを防ぐ方法は「真空パックに豆を入れ、冷凍庫で保存する」ですのでこれがベストな保存方法ではないでしょうか?

 

・知ってると女の子にウケるコーヒー豆知識

インスタ映えのするおしゃれなカフェ情報だと思いますwwwちなみに僕はほとんど知りませんので女の子にウケないコーヒー知識しか持っていませんorz

 

 

僕が使っていたアイテム&オススメコーヒー器具・コーヒーの本

今回の出張バリスタで使っていたアイテム、オススメしたアイテムをここに載せておきます!!

僕がブルーボトルのコーヒー器具ばかり使っているのですが、なんと北海道にもそのブルーボトルの存在は知れ渡っているようなので布教を進めたいと思いますw

ブルーボトルコーヒーのコーヒー器具などはこちらのオンラインショップで

kintoのグラスマグでコーヒーを飲むのが一番オススメです。

コーヒーケトルはこちら

 

よかったら参考にしてくださいー!

ちなみにコーヒーの知識は以下の本から!

standard

歴史を変えた6つの飲物 ビール、ワイン、蒸留酒、コーヒー、茶、コーラが語る もうひとつの世界史

コーヒー・ハウス

コーヒーの歴史

ブルーボトルのフィロソフィー

などなど。パッと思いつくだけでこれだけありますので、気になる方、勉強したい方はぜひとも参考にしてくださいー!!

 

最後に

渋谷さん、今回は本当に東京からわざわざ札幌まで招待いただきありがとうございました。

次回もご依頼いただけるようにもっと僕自身勉強しなきゃいけないことが多い。と思わせてくれる出張バリスタでした。

 

 

近日、今回のイベントで話した内容をできる限り全て書いた記事を公開予定!僕の知識を総動員します!

今回のイベントに参加してくださった皆さんだけでなく、コーヒーの勉強をしたい!という方向けですのでお楽しみにー!!

 

 

 

【まとめ】

札幌は美人が多くて、都市の規模が福岡みたいで気に入りました!!!!札幌最高!!!!