旅行がつまらないのは当たり前だ。【旅と旅行の違い】

僕は、旅行が楽しいものと思っていた。まだまだ旅行の経験が少ない大学生の僕からしてみれば、特に修学旅行は思い出深いことばかり。楽しい旅行の代表例だ。

  • 初めての飛行機
  • 初めて行く都道府県
  • 親元離れ、友達と2泊3日で旅行
  • 豪華なホテル
  • 夜、真っ暗の中本音で喋る
  • 仲のいい仲間でふざけあい
  • 枕投げ
  • 男気じゃんけん
  • エアーホッケー大会
  • 集団で知らない街中を探索

などなど、もう一回やりたいな。

その頃の僕はもちろん、高校生にとって「旅行」は本当に特別なことだと思う。普段は持ち歩かないような大金を持って、ちょっと洋服に気遣っておしゃれを意識して、家族のためにお土産を買うなんて粋なこともして。なんだか大人になった気分を楽しめる。

 

 

面白い旅行には、「誰と行くか」が大事だと思っていた。

このときまでは「誰」と行くかが大事だった。特に修学旅行なんてものは仲のいい友達がいるから、好きな子がいるから、テンションマックスで旅行を楽しめたんだと思う。

僕の高校時代の修学旅行は、東日本大震災の時期だったからボランティアと勉強を兼ねて宮城県仙台市に行ったんだけど最高に楽しかった。

でも多分、旅行先が仙台じゃなくても楽しめた自信はある。絶対楽しめた。楽しむ方法は「友達といる」ことでいくらでも作れたから。「友達と非日常という空間にいる」ってだけで楽しめるんだと思う。

だから、僕は「誰と行くか」が旅行の楽しさを決めるものだと思っていた。

 

旅行がつまらないのは、「足跡を辿っているから」だと思う

でも、今となっては誰と行くかは面白さを決めるわけではないと思っている。

「旅行は楽しくない」と感じるのは、「誰かの足跡を辿っている」からだ。

じゃらん、るるぶ、リトリップ。こういったメディアに書いてあるお店や観光コースや名所やホテルに泊まったりすることは、別に僕じゃなくてもできる。金閣寺に行くことは誰だってできる。そもそも僕がやる前から、何千万人もやっていることだ。

その誰だってできることをやって面白いか?誰もやらないことをやるから面白いんじゃないか?

勘違いして欲しくないのは、「旅行は楽しい。けれど、面白くない」と言っているだけ。仲を深めるために旅行することは、とても大事なことだと思うし、旅行は楽しいものでもありうる。

 

ただ、「旅行がつまらない」原因はこれだ。誰でもできることに面白さなんてない。誰でもできることをやる人生を、あなたが生きる必要は全くない。それと同じで、「誰でもできる『旅行』をあなたがしても面白くはならない。」のだ。

 

旅行と旅の違い

旅行と旅はぜんぜん違う。旅と人生はかなり似ていると思っていて、「その人じゃないとできない」ものが旅と人生。そして、基本的に旅というものは「ノープラン」で、あるのは「ルール」だけであるべきだ。人生において、社会のルールはあるけれどプランがないのと同じではないか?

 

プランを作るから面白くないのだ。

もしかして、人生にプランを立ててしまってはいないか?いや、絶対的にノープランで生きることはさすがにアホだと思うけれど、そのプランは「誰かのプラン」じゃないか?誰でもできるんじゃないか?

「メガバンクの銀行員いいよ!給料もいいし、絶対潰れないから。俺の場合は、親がそう教えてくれたから銀行員として就職したんだよね。俺が卒業した大学、メガバンクの就職率いいしね。そのためにやったことといえば、簿記の資格は取っておけって言われたから簿記の勉強して2級取ったぐらいかな。あとは、ESの書き方とか面接の練習はしっかりやった。」

 

みたいな。うっわおもんな。人を笑わせる才能のない僕でもそのプランは面白くないと思う。銀行員なれるのすごいとは思うけど。

 

 

「先の見えない未来が面白い」とはまさにその通りで、ノープランこそ面白い生き方のスタンダードだし、プランがあるにしてもそのプランは「オリジナル」でなければならない。

 

先の見えない未来を生きるのは、あなたしかいない。人生という旅を生きるのはあなただけ。

先の見える未来は、誰かの足跡を歩むようなもの。旅行に過ぎない。

 

 

旅行がつまらない…と感じる全ての人へ

間違いなくあなたが行って来た旅行は「プラン通り」なのだ。つまらない原因もそれだ。テレビで見たことあるし、じゃらんに載っているし、別にあなたがその旅行をする必要性がないのだ。

 

そんなあなたにはこんな「旅」をオススメしたい。

  1. コアになるルールだけ決めて
  2. ノープラン

の旅だ。これさえあればなんでもいい。

 

サイコロ振って出た目の数だけ駅を進む電車旅もいいだろう。知らない人に声をかけて、その人の出身地を回る旅もいいだろう。日本地図広げて、ダーツして刺さった所に行く旅もいいだろう。10年前の紙の地図だけ持って車旅もいいだろう。

 

これだけでも十分面白いと思う。楽しくはないけどw

でも、学べることはたくさんあるはずだ。僕はサドルのない自転車旅でかなりのことを学んだ。一日12時間も毎日自転車を漕ぐだけで、一切楽しくなかったから一生やらないけど、今思い出すと面白いなって自分でも思うw

 

旅は、楽しくはないけれど面白いものだよ。

 

 

あ、最後にこれだけは言わせて欲しい。

「旅行がつまらない」と言っているあなたが旅行をつまらなくさせている。

正解は自分で作るもの。面白い旅行も自分で作るもの。そこは見誤ってはいけない。人生もね。